サイト内を検索する
口臭の原因と解決策 動画
当院院長:吉岡秀樹
著書・メルマガ
診療科目・相談科目
  • 一般歯科 (ムシ歯/歯周病)
  • 審美歯科 (銀歯/変色/矯正)
  • 口腔内科 (口臭/口腔乾燥)
  • 予防歯科 (栄養/定期管理)
  • 歯科相談室・回答集
診察費用・技術料
営業時間・アクセス
ブレス・デザイン デンタルオフィス 新潟県長岡市殿町2丁目3-12
あなたのPCに永久保存

RSS ATOM
メールでの問合せ
メール問合せ
ジャンル別記事一覧
関連リンク集
地域別アクセスランキング

ジオターゲティング
あなたが解決したい「お口の悩み」に関する記事を探しましょう
口臭やドライマウスなどの悩みを解決したい方(口腔内科口臭外来栄養療法
ほんだ式口臭治療 (治療例) - 渇きやネバつきの治療 - 唾液検査 - 栄養療法
黄ばみ、変色、銀歯など見た目の悩みを解決したい方(審美歯科美容歯科
銀歯を白い歯に - 変色歯の治療 - ホワイトニング - すきっ歯の治療 - 歯列矯正治療
ご自身の歯を大切にしたいと思っている方(予防歯科歯科相談・その他)
メンテナンス (PMTC) - セカンドオピニオン(歯科相談) - 顕微鏡歯科 - 根管治療
新着トピックス
無料メルマガ「健康科学部通信」を始めました (毎週配信)
本質的な予防を実現するための3つのポイント
ブレス・デザインは予防歯科をベースにした歯科医院です。
予防が重要であることは歯科医も、皆さんも重々承知と思います。
では、ムシ歯や歯周病予防に必要なものはなんでしょうか…
 
予防に必要なものは、正しい知識あなたに合った予防法だと思います。

そのためには、十分なカウンセリングが不可欠です。
じっくりとお話を伺って、あなたの生活習慣を把握する必要があります。
そして、どれだけの知識があるのかも把握する必要があるでしょう。

1. 十分なカウンセリング
2. 生活習慣の把握と見直し
3. 自分にあった予防法と正しい知識の獲得

この3つが”根本的な予防”を成功させるために欠かせないポイントだと思います。
どれをとっても、非常に時間がかかってしまうので、薄利多売を要求される歯科保険診療では現実的には難しい面もあります。
そもそも健康保険は”疾病保険”ですので、予防には保険適用できません。

もし、何かしら不具合や不快感があるのであれば、治療も必要です。
治療をするのであれば、検査に基づいて科学的な診査が欠かせません。
治療自体は、十分に時間を取って、丁寧な治療をすることをお勧めします。

これは”再治療の予防”という観点で重要なポイントです。
ここに、治療した歯の平均耐用年数を調査したデータがあります。
それによると、レジン充填・・・5年、アマルガム充填・・・7年、インレー・・・6年、クラウン・・・7年、ブリッジ・・・8年となっています。これらの数字を長いと感じる人もいれば、短いと感じる人もいらっしゃると思いますが、言えることは、治療した歯でも永久には持たない、ということです。

これは平均値ですから、雑な治療も丁寧な治療も混ざっています。
雑な治療よりも、丁寧な治療の方が長持ちすることは、自明の理だと思います。
ただ、丁寧な治療をしようと思うと、これまた時間がかかります。
※参考記事:銀歯をレジンに詰め替えて、白い歯にしてみました

歯科保険診療の裏事情でも書きましたが、保険診療は病名主義で言い換えれば出来高払いですから、病名が妥当で一連の手順を踏んでいれば丁寧でも雑でも治療報酬は変わりません。時間をかけてじっくり治療しても、そうでなくても変わりません。新卒のドクターがやってもベテランがやっても変わりません。形式に則って治療されていれば良いというのが、保険診療の実態です。もちろん、長持ちしようがしまいが関係ありません。むしろ長持ちしない方が報酬が発生しうる制度に大きな問題があると思います。

全治療内容に対する再治療の割合は61.9%であった.中でも治療前と同レベルの再治療の割合は歯内治療で52.0%, 修復で43.0%, 歯周治療で14.0%であった.
九州歯科大学の論文より引用

専門用語が多いので解説します。
治療に来られた人の約6割が再治療で、その内訳として、神経の治療のやり直しが52%、銀歯や差し歯、詰め物のやり直しが43%、歯ぐきの治療のやり直しが14%だった、ということです。(両方ということもあるので、合計が100%を越えています)

この再治療の高さは、治療技術の上手い下手、材料の問題だけでなく、”根本的な予防=本質的な予防”ができていないことも原因のひとつと言えます。一度、ムシ歯になった部分はムシ歯になりやすかったからできてしまったわけで、そこをプラスチックなり銀歯なりで修復しても、なりにくいように工夫なり努力なりしないと、再治療になるのは当たり前とも言えます。

一度治した部分が再びムシ歯になるということは、治療上の問題ではなく、治療後のメンテナンスに問題があったと言えるでしょう。

再治療なんて皆さんも我々も望んでいませんし、非常に無駄で馬鹿馬鹿しいことだと思います。
ブレス・デザインでは再治療を防ぐべく、”本質的な予防歯科医療”を提供するために、十分な時間を取ってカウンセリングを行います。そして、あなたの生活習慣を分析し、生活習慣の改善プログラムを提案しています。

自分の身体を大切にしたいと思いませんか?
ムシ歯や歯周病、口臭のリスクを検査して、本質的な予防を始めませんか?
| 当院のコンセプト | 審美歯科ランキング | 相談・お問合せ | 現在の予約状況 | 友達に教える |
| 歯科治療費800万円節約術 - 今すぐできる予防体質獲得プログラム [Kindle版] |
この記事のトラックバックURL
http://www.breath-design.com/trackback/1378263
この記事と関連性が高い記事一覧
あわせて読みたい同じカテゴリーの最新記事5本