サイト内を検索する
口臭の原因と解決策 動画
当院院長:吉岡秀樹
著書・メルマガ
診療科目・相談科目
  • 一般歯科 (ムシ歯/歯周病)
  • 審美歯科 (銀歯/変色/矯正)
  • 口腔内科 (口臭/口腔乾燥)
  • 予防歯科 (栄養/定期管理)
  • 歯科相談室・回答集
診察費用・技術料
営業時間・アクセス
ブレス・デザイン デンタルオフィス 新潟県長岡市殿町2丁目3-12
あなたのPCに永久保存

RSS ATOM
メールでの問合せ
メール問合せ
ジャンル別記事一覧
関連リンク集
地域別アクセスランキング

ジオターゲティング
あなたが解決したい「お口の悩み」に関する記事を探しましょう
口臭やドライマウスなどの悩みを解決したい方(口腔内科口臭外来栄養療法
ほんだ式口臭治療 (治療例) - 渇きやネバつきの治療 - 唾液検査 - 栄養療法
黄ばみ、変色、銀歯など見た目の悩みを解決したい方(審美歯科美容歯科
銀歯を白い歯に - 変色歯の治療 - ホワイトニング - すきっ歯の治療 - 歯列矯正治療
ご自身の歯を大切にしたいと思っている方(予防歯科歯科相談・その他)
メンテナンス (PMTC) - セカンドオピニオン(歯科相談) - 顕微鏡歯科 - 根管治療
新着トピックス
無料メルマガ「健康科学部通信」を始めました (毎週配信)
洗いすぎたら、かえって汚くなる
過ぎたるは及ばざるが如し…
中国古典、孔子の論語に由来する故事成語です。
行き過ぎているのは道理の上からはかえって及ばないのと同じ、という意味。
オーラルケアをしていくにあたって、個人的には高濃度のアルコールの使用殺菌剤の乱用は問題があると思っていますし、また洗えているつもりにさせる合成洗剤にも罪があると思っています。

私と同じように殺菌剤の乱用を問題視している方を探していたところ、ちょっと面白い記事が見つかったので紹介しましょう。

洗いすぎたら汚くなる
みなさんは洗ったらきれいになると思っているでしょう。きれいな皮膚の表面には「皮膚常在菌」というばい菌がいます。このばい菌は皮膚の脂肪を餌にして、脂肪酸の膜を作ることによって私たちの皮膚を守っているのです。だからアレルギー物質も入らないし、悪いばい菌も入らない。水分が抜けないからしっとりとした肌です。

ところが皮膚を洗うと皮膚常在菌が洗い流されて、皮脂を取り去ります。洗いすぎると、皮脂膜と角質層を傷め、ドライスキン、アトピー性皮膚炎などの引き金になるわけです。
日本人の清潔がアブナイ! キレイ社会の落とし穴より引用

人間の身体の表面には、ここに上げられたように常在菌というものがいて、生物的なバリアを作ってくれているのです。表面というのには、口や胃腸などの消化管も「内なる表面」を含みます。

皮膚には皮膚常在菌が存在し、口内には口腔常在菌が存在します。
腸管内にも腸内常在菌が存在し、有害な物質や病原菌と戦っています。
人間は、常在菌というミクロの防衛部隊で表面を守られているのです。

ですから、冒頭でお話したようにアルコールや殺菌剤を乱用することは、常在菌のバランスを崩すことになり、今まで起こりにくかった症状に悩まされることになるのです。

そのひとつが『口臭』ですね。

オーラルケアが不十分であれば、もちろん口臭は起こります。
また、無意味な我流のオーラルケアのせいでも口臭は起こります。
代表例が、無駄に歯磨きしていたり、舌磨きをすることです。
※関連記事:歯磨きは回数が多ければ良いわけではない

専門ではないので詳しくは分かりませんが、こういう考えからするとピロリ菌の除菌というのも問題があるかも知れません。ピロリ菌がいない胃粘膜は硬くなり、逆流性食道炎を起こしやすくなる、といった記事を読んだこともあります。(ネットサーフィン中の流し読みなので・・・)

あなたが良かれと信じてやっている日々の行動は、実は問題ありかも知れません。
あなたは”過ぎたる”ことをやっていませんか?
| 予防歯科・健康医療 | 審美歯科ランキング | 相談・お問合せ | 現在の予約状況 | 友達に教える |
| 歯科治療費800万円節約術 - 今すぐできる予防体質獲得プログラム [Kindle版] |
この記事のトラックバックURL
http://www.breath-design.com/trackback/1383920
この記事と関連性が高い記事一覧
あわせて読みたい同じカテゴリーの最新記事5本