サイト内を検索する
口臭の原因と解決策 動画
当院院長:吉岡秀樹
著書・メルマガ
診療科目・相談科目
  • 一般歯科 (ムシ歯/歯周病)
  • 審美歯科 (銀歯/変色/矯正)
  • 口腔内科 (口臭/口腔乾燥)
  • 予防歯科 (栄養/定期管理)
  • 歯科相談室・回答集
診察費用・技術料
営業時間・アクセス
ブレス・デザイン デンタルオフィス 新潟県長岡市殿町2丁目3-12
あなたのPCに永久保存

RSS ATOM
メールでの問合せ
メール問合せ
ジャンル別記事一覧
関連リンク集
地域別アクセスランキング

ジオターゲティング
あなたが解決したい「お口の悩み」に関する記事を探しましょう
口臭やドライマウスなどの悩みを解決したい方(口腔内科口臭外来栄養療法
ほんだ式口臭治療 (治療例) - 渇きやネバつきの治療 - 唾液検査 - 栄養療法
黄ばみ、変色、銀歯など見た目の悩みを解決したい方(審美歯科美容歯科
銀歯を白い歯に - 変色歯の治療 - ホワイトニング - すきっ歯の治療 - 歯列矯正治療
ご自身の歯を大切にしたいと思っている方(予防歯科歯科相談・その他)
メンテナンス (PMTC) - セカンドオピニオン(歯科相談) - 顕微鏡歯科 - 根管治療
新着トピックス
無料メルマガ「健康科学部通信」を始めました (毎週配信)
カロリーリストリクションはアンチエイジングの切り札!?
先日、日本抗加齢医学会より学会誌「アンチ・エイジング医学Vol.5 No.2」が届きました。
その87〜89ページにかけてCR(Calorie Restriction)=カロリー制限という話が書かれていましたので、一部を紹介しましょう。
日本抗加齢医学会雑誌「アンチ・エイジング医学」
摂取エネルギーを制限すると、ガン、心臓病、脳卒中、糖尿病、認知症など老化から起こる疾病に罹りにくくなり、生体機能の低下が抑えられ、老化を遅らせることができる。

1日のうちで、本当の空腹感を感じて食事をすることは何回あるだろうか? 空腹だから食べるのではなく、習慣だから、時間がきたから、食べることが多いはずである。 私もCRを実施しはじめた頃に覚えがあるが、少し満腹感が薄れたり、胃に食物が残っていない感じを、空腹と勘違いしていないだろうか? CRを実践して驚いたことは、空腹感を感じることは思ったより少ないということである。

同じように現代人の食べすぎに警鐘を鳴らしているのが、「水分の摂りすぎ」はこんなに恐いの著者でもあるイシハラクリニックの院長・石原結實先生です。
人間は食べないことには慣れている。逆に現代のように、一定の時間が来ると、朝食、昼食、夕食を強制的にとりこむことのほうが、体にとって大きな負担となり、栄養過剰病であるガン、心筋梗塞、痛風、高脂血症、脂肪肝、肥満、糖尿病などをひきおこしてしまうわけだ。とくに今、社会問題化している「メタボ」は、「高」脂血症、「高」血糖、「高」血圧、「高」体重(=肥満)など、病名に「高」がつくことからわかるように、食べすぎ病である。
医学・健康常識を疑えより引用

栄養状態の改善が健康の秘訣のように思われがちですが、そうでもないということが言えそうです。
これもまた「過ぎたるは及ばざるが如し」の一例と言えるでしょう。

体質改善や生活習慣の見直しが、健康な心身を手に入れる近道です。
そのためには今までの常識というものを疑ってかかる必要があるように思えます。
| 予防歯科・健康医療 | 審美歯科ランキング | 相談・お問合せ | 現在の予約状況 | 友達に教える |
| 歯科治療費800万円節約術 - 今すぐできる予防体質獲得プログラム [Kindle版] |
この記事のトラックバックURL
http://www.breath-design.com/trackback/1395428
この記事と関連性が高い記事一覧
あわせて読みたい同じカテゴリーの最新記事5本