サイト内を検索する
口臭の原因と解決策 動画
当院院長:吉岡秀樹
著書・メルマガ
診療科目・相談科目
  • 一般歯科 (ムシ歯/歯周病)
  • 審美歯科 (銀歯/変色/矯正)
  • 口腔内科 (口臭/口腔乾燥)
  • 予防歯科 (栄養/定期管理)
  • 歯科相談室・回答集
診察費用・技術料
営業時間・アクセス
ブレス・デザイン デンタルオフィス 新潟県長岡市殿町2丁目3-12
あなたのPCに永久保存

RSS ATOM
メールでの問合せ
メール問合せ
ジャンル別記事一覧
関連リンク集
地域別アクセスランキング

ジオターゲティング
あなたが解決したい「お口の悩み」に関する記事を探しましょう
口臭やドライマウスなどの悩みを解決したい方(口腔内科口臭外来栄養療法
ほんだ式口臭治療 (治療例) - 渇きやネバつきの治療 - 唾液検査 - 栄養療法
黄ばみ、変色、銀歯など見た目の悩みを解決したい方(審美歯科美容歯科
銀歯を白い歯に - 変色歯の治療 - ホワイトニング - すきっ歯の治療 - 歯列矯正治療
ご自身の歯を大切にしたいと思っている方(予防歯科歯科相談・その他)
メンテナンス (PMTC) - セカンドオピニオン(歯科相談) - 顕微鏡歯科 - 根管治療
新着トピックス
無料メルマガ「健康科学部通信」を始めました (毎週配信)
歯は銀歯で治すから、またムシ歯になる!?
九州にあるというとある予防歯科医院のブログ・・・衝撃的な内容でした。
こういう考え方もあるんだな、と。・・・というわけで、早速紹介させてもらいます。
虫歯も歯周病も予防できる病気なのですが、予防という分野は今の医療保険給付制度の中でガンガン削減されています。
だからといって従前の”削り散らす歯科治療”に抱いてしまった疑問を払拭できず、予防の道に残ろうと高楊枝を銜えるおバカな歯医者です。
I歯科医院の高楊枝通信。トップページより引用

なんか考え方が似てますね・・・(^^;)
私もニオイの問題を主軸にしながらも、基本は予防ですから。

詳しいことはリンク先を覗いてもらえれば・・・と思うので、簡単に書きます。
ちなみに、このサイトは「重曹 バイオフィルム」という関連で偶然見つけました。

1. 歯はカルシウムという金属化合物である
※カルシウムは、アルカリ土類金属に分類されます。

2. イオン化傾向から、歯が金属より先に溶け出しやすい
※保険適用の金属は「金銀パラジウム合金」という貴金属です。
「貸そうかな、まああてにするな、ひど過ぎる借金」などの語呂合わせも存在する。
カリウム (K) > カルシウム (Ca) > ナトリウム (Na) > マグネシウム (Mg) > アルミニウム (Al) > 亜鉛 (Zn) > 鉄 (Fe) > ニッケル (Ni) > スズ (Sn) > 鉛 (Pb) > (水素 (H2)) > 銅 (Cu) > 水銀 (Hg) > 銀 (Ag) > 白金 (Pt) > 金 (Au)
イオン化傾向 - Wikipedia -より引用

3. ムシ歯も歯周病もバイオフィルム感染症であり、通気差腐食が起こりうる
※関連記事:お口のバイオフィルムについて

4. これに加えて、微生物腐食も起こっている
※こちらの影響が大きいだろうというのは共通認識のようです。

皆さんがお持ちの従来の常識とは、ちょっと違うかも知れません。
ミュータンス菌などが酸を出して歯を溶かしていると信じている方が多いようなので。
歯は細菌が出す程度の弱酸(pH3〜4)では溶けません。
1ヶ月でも2ヶ月でも抜歯歯牙を弱酸に漬け込んで放置しても溶けたりしません。
「細菌が出す酸で歯が溶けるのが虫歯」というのはウソです。
酸で歯が溶ける?より引用

強酸と歯に関する記載を探していっても、たいていは行き着く先は「酸蝕症」ですね。
酸蝕症は飲食物中の強酸によりエナメル質が溶ける病気です。
これら天然の柑橘類はPH4以下と強酸を示し、なかでもレモンはもっとも強いPH2を示します。
飲料品ではコーラが PH 2.2、黒酢が PH 3、白や赤ワインが PH 3.2 と強い酸性を示しています。人の歯は PH 5.5 くらいで溶け始めます。PHが2.2〜3.2 というのはとても強い酸なのです。

pH5.5で脱灰は起こると言われていますが、脱灰状態で歯磨きなどの物理的刺激を加えなければ、徐々に再石灰化して元に戻ると、私は考えています。
塩酸という強酸を用いて、歯が溶けるかどうか実験したというのは、非常に面白いですね。

こういう考え方もあるということは知っていて損はないでしょう。
私は読んでいて「なるほどね・・・」と、その論理性に感心していました。

歯周病に関する言及がないように思えたのですが、バクテリアが放出するメチルメルカプタンの毒性の影響を私は疑っています。
メチルメルカプタンは「毒物及び劇物取締法」などの各種法律により毒物に指定されているほどのより強力な毒性を持つ物質である。その毒性は青酸ガスに匹敵するとも,それ以上とも言われている。
口臭は歯周病を悪化させる?より引用

なんにせよ、歯は削らない方が良い、つまり『予防に勝る治療はない』ということです。
そして、バイオフィルムを成熟させないように定期的に取り除くことが重要だと思います。
そのためには、毎日のオーラルケアと3ヵ月後とのPMTCを推奨します。
| 予防歯科・健康医療 | 審美歯科ランキング | 相談・お問合せ | 現在の予約状況 | 友達に教える |
| 歯科治療費800万円節約術 - 今すぐできる予防体質獲得プログラム [Kindle版] |
この記事のトラックバックURL
http://www.breath-design.com/trackback/1404164
この記事と関連性が高い記事一覧
あわせて読みたい同じカテゴリーの最新記事5本