サイト内を検索する
口臭の原因と解決策 動画
当院院長:吉岡秀樹
著書・メルマガ
診療科目・相談科目
  • 一般歯科 (ムシ歯/歯周病)
  • 審美歯科 (銀歯/変色/矯正)
  • 口腔内科 (口臭/口腔乾燥)
  • 予防歯科 (栄養/定期管理)
  • 歯科相談室・回答集
診察費用・技術料
営業時間・アクセス
ブレス・デザイン デンタルオフィス 新潟県長岡市殿町2丁目3-12
あなたのPCに永久保存

RSS ATOM
メールでの問合せ
メール問合せ
ジャンル別記事一覧
関連リンク集
地域別アクセスランキング

ジオターゲティング
あなたが解決したい「お口の悩み」に関する記事を探しましょう
口臭やドライマウスなどの悩みを解決したい方(口腔内科口臭外来栄養療法
ほんだ式口臭治療 (治療例) - 渇きやネバつきの治療 - 唾液検査 - 栄養療法
黄ばみ、変色、銀歯など見た目の悩みを解決したい方(審美歯科美容歯科
銀歯を白い歯に - 変色歯の治療 - ホワイトニング - すきっ歯の治療 - 歯列矯正治療
ご自身の歯を大切にしたいと思っている方(予防歯科歯科相談・その他)
メンテナンス (PMTC) - セカンドオピニオン(歯科相談) - 顕微鏡歯科 - 根管治療
新着トピックス
無料メルマガ「健康科学部通信」を始めました (毎週配信)
安物買いの銭失い 「8020」!?
「安物買いの銭失い」ならぬ「痛いときだけ⇒歯を失い」(^^;)
痛くなったりした時だけ歯医者に行っていると、歯を失ってしまいますよ〜という意味です。
さて、このことに関するちょっと面白い研究結果があるので、紹介しておきます。
1979年〜1984年にBeckerという歯周病学者が発表した研究があります。
歯周病の方を10年間に追跡した結果、歯を失う本数に違いがでることわかったのです。

患者さんを3つのグループに分けます。

歯周病であるが歯周病治療をまったく受けなかったグループ。

歯周病の治療は行なったがその後のクリーニングは受けなかったグループ。

歯周病の治療は行なったがその後のクリーニングも受けたグループ。

10年後にどれだけの差が出たか、見当がつきますか?

それぞれのグループでの歯の10年間での歯を失った本数は以下の通り。

グループ,平均3.6本、グループ△2.2本、グループが1.1本
この差が果たして大きいのか、実感がわきにくいかも知れませんね。

スウェーデンでは、国民の約90%が定期的なメンテナンスを受けているために、80歳になっても平均して20本以上の歯を残すことに成功しています。

一方、日本ではわずか2.5%の人しか定期的なメンテナンスを受けていないため、80歳になる頃には約6本(約20%)しか歯が残ってないという状況なのです。
※関連記事>>年齢の割にムシ歯が多いのでしょうか・・・DMFT指数より

定期的なクリーニングを受けるか否かで、徐々に差が広がり、80歳になる頃には14本もの差が出てきてしまうのです。

このお話は歯の衛生週間行事の中でも、相談に来られたうちの数名の方にはお話しました。

痛くもないのに歯医者に行くのはお金の無駄だ、と思ってしまうかも知れません。
定期的なメンテナンスを受けていれば、将来の治療費が節約できるのです。
入れ歯を作らずに済んだり、インプラントを入れずに済むわけですから!!

エコノミークラスの治療を受けながら、お口を壊していくのですか?
それとも死ぬまで自分の歯で、美味しく食事を楽しみますか?

どちらの「8020」を選択するかは、あなた次第です。
メンテナンスにお金をかけることは、将来の自分に投資することと同じです。
自分の歯を長持ちさせたいと思いませんか? ⇒予防歯科特集
| 予防歯科・メンテナンス | 審美歯科ランキング | 相談・お問合せ | 現在の予約状況 | 友達に教える |
| 歯科治療費800万円節約術 - 今すぐできる予防体質獲得プログラム [Kindle版] |
この記事のトラックバックURL
http://www.breath-design.com/trackback/1417370
この記事と関連性が高い記事一覧
あわせて読みたい同じカテゴリーの最新記事5本