サイト内を検索する
口臭の原因と解決策 動画
当院院長:吉岡秀樹
著書・メルマガ
診療科目・相談科目
  • 一般歯科 (ムシ歯/歯周病)
  • 審美歯科 (銀歯/変色/矯正)
  • 口腔内科 (口臭/口腔乾燥)
  • 予防歯科 (栄養/定期管理)
  • 歯科相談室・回答集
診察費用・技術料
営業時間・アクセス
ブレス・デザイン デンタルオフィス 新潟県長岡市殿町2丁目3-12
あなたのPCに永久保存

RSS ATOM
メールでの問合せ
メール問合せ
ジャンル別記事一覧
関連リンク集
地域別アクセスランキング

ジオターゲティング
あなたが解決したい「お口の悩み」に関する記事を探しましょう
口臭やドライマウスなどの悩みを解決したい方(口腔内科口臭外来栄養療法
ほんだ式口臭治療 (治療例) - 渇きやネバつきの治療 - 唾液検査 - 栄養療法
黄ばみ、変色、銀歯など見た目の悩みを解決したい方(審美歯科美容歯科
銀歯を白い歯に - 変色歯の治療 - ホワイトニング - すきっ歯の治療 - 歯列矯正治療
ご自身の歯を大切にしたいと思っている方(予防歯科歯科相談・その他)
メンテナンス (PMTC) - セカンドオピニオン(歯科相談) - 顕微鏡歯科 - 根管治療
新着トピックス
無料メルマガ「健康科学部通信」を始めました (毎週配信)
歯医者は歯の墓場!? 問われるメンテナンスの質
歯を失う理由は「ムシ歯」や「歯周病」が9割を超えると言われています。(他は事故など)
では、歯を失う場所はどこだと思いますか? 実は、大多数が…
「歯医者」です。

歯医者に行かなければ、歯を失うことはほとんどありません。
もちろん、グラグラしてきて自然と抜ける場合もありますけどね。
・・・かといって、歯医者に行くな!! と言うつもりは毛頭ありません。

皆さんはいつ歯医者さんに行かれますか?歯が悪くなった時に歯科医院に行くもの、と考えられている人がほとんどではないでしょうか。実は、今の日本の歯科医もむし歯や歯周病を治療することが歯科医の仕事だと考えている人が多いのが現状です。そのような従来の歯科医院では、むし歯や歯周病の治療が終わると「また何かあれば来てください」と言われて終了になります。そして、また悪くなってから歯科医院へ行くことになり、治療の繰り返しになってしまいます。治療を繰り返しているにもかかわらず、少しずつ歯をなくしてしまっているのが日本の現状です。
歯を守るための歯科医院の利用の仕方 - 伊藤ハム健康保険組合 -より引用
保険組合は、医者にかかってもらいたくない立場の代表格です。
そんな立場からお勧めしているのが、予防するための歯科医院です。
以下の3点を予防するための歯科医院選びのポイントとして挙げています。

説明が十分であること
歯周病の治療ができること
予防のための定期健診ができること


実に当たり前のことですが、私たち歯科医がすべきことは、歯を抜くことでも削ることでもなく、「歯を守る」ことです。なるべく抜かずに、削らずに、生まれたときに授かった歯を守ることです。

医学医療にはさまざまな分野がありますが、こんなに簡単に臓器を削ったり、抜いたりするのは、歯科の世界だけではないでしょうか。たとえば頭が痛いからといって、頭を削る外科医はいません。いとも安易に削ったり抜く治療は、歯を守ることとはほど遠く、むしろ生物学的には破壊しているに等しいといわざるをえません。ある子供が歯科医者を「ハカイシャ」と呼んでいましたが、笑いごとではすまされません。歯科の現状を見ると、たしかに「破壊者」なのかもしれません
歯科医本来の仕事とはより引用、編集
歯医者の仕事は「歯を治すことだけ」ではありません。
「歯を守ること」も大事な仕事なのですが、保険適用外なので力が入らないのが本音でしょうね。
保険での治療費が超破格であるために、予防に力を入れる余裕がないのかも知れません。
ブレス・デザインが予防歯科専門である理由は、「本来の仕事がしたかったこと」と、「予防という歯科界のスキマを埋めたかった」からです。

治療のために歯科医院に行くと、歯医者は破壊者になり、歯の墓場になるでしょう。
予防のために歯科医院に行けば、歯の墓場はご自身の墓場と同じになります。
中国古典の「上工治未病、中工治己病」ということにも通じると思います。

97年に、この年に80歳になる全国の大正6年生まれの方、約2000人の健康調査をしたら、あまり歯が残っていないことがわかりました。岩手県で調査をした時に、大正6年の新聞記事に、当時の小学生にはほとんど虫歯がないというものがありました。子供のころに虫歯がなくても、年を取ると歯がなくなるということは、歯周病対策が重要だということを示していると思います。
 今後、虫歯予防に有効なフッ素の利用が広がると、虫歯がゼロになるかもしれません。それでも歯が残るわけではないということです。
歯科関連ニュース 口腔保健シンポジウムより引用
歯を失う原因(歯牙喪失理由)はムシ歯と歯周病のツートップで90%以上と言われていますが、この記事からすると、歯周病の方がウエイトが大きいと言えるでしょうね。
「悪い8020」から「本来の8020」に切り替えることが重要です。

「ムシ歯探しの定期検診」では、歯を残すことにはつながりません。
歯周病予防のための「定期クリーニング」の方が好ましいと思います。

これに加えて、ブラッシング指導は当然のこと、食事指導や生活指導まで含まれるような総合的なメインテナンスが求められます。

■歯石取り
■ヌメリ取り
■オーラルケア指導
■食事に関するアドバイス
■生活習慣に対するアドバイス


重要なのは「どんな定期メンテナンスを受けるか=メンテナンスの質」ということだと思います。
これらのポイントは文京区湯島のタイヨウデンタルオフィスの櫻井先生とも意見が一致しました。
きっと、町田市の宇藤先生も同じような考えを持っておられることでしょう。

さて、あなたはどんな定期メンテナンスを受けていますか?

ちなみにブレス・デザインでは歯科ドックというメニューも用意しています。
年に1回だけでも、総合的にお口の健康度を調べておくと安心ですね。
| 予防歯科・健康医療 | 審美歯科ランキング | 相談・お問合せ | 現在の予約状況 | 友達に教える |
| 歯科治療費800万円節約術 - 今すぐできる予防体質獲得プログラム [Kindle版] |
この記事のトラックバックURL
http://www.breath-design.com/trackback/1419298
この記事と関連性が高い記事一覧
あわせて読みたい同じカテゴリーの最新記事5本