サイト内を検索する
口臭の原因と解決策 動画
当院院長:吉岡秀樹
著書・メルマガ
診療科目・相談科目
  • 一般歯科 (ムシ歯/歯周病)
  • 審美歯科 (銀歯/変色/矯正)
  • 口腔内科 (口臭/口腔乾燥)
  • 予防歯科 (栄養/定期管理)
  • 歯科相談室・回答集
診察費用・技術料
営業時間・アクセス
ブレス・デザイン デンタルオフィス 新潟県長岡市殿町2丁目3-12
あなたのPCに永久保存

RSS ATOM
メールでの問合せ
メール問合せ
ジャンル別記事一覧
関連リンク集
地域別アクセスランキング

ジオターゲティング
あなたが解決したい「お口の悩み」に関する記事を探しましょう
口臭やドライマウスなどの悩みを解決したい方(口腔内科口臭外来栄養療法
ほんだ式口臭治療 (治療例) - 渇きやネバつきの治療 - 唾液検査 - 栄養療法
黄ばみ、変色、銀歯など見た目の悩みを解決したい方(審美歯科美容歯科
銀歯を白い歯に - 変色歯の治療 - ホワイトニング - すきっ歯の治療 - 歯列矯正治療
ご自身の歯を大切にしたいと思っている方(予防歯科歯科相談・その他)
メンテナンス (PMTC) - セカンドオピニオン(歯科相談) - 顕微鏡歯科 - 根管治療
新着トピックス
無料メルマガ「健康科学部通信」を始めました (毎週配信)
ほんとうの高度先進医療とは…
歯科における高度先進医療というと、インプラントや再生療法をイメージするかも知れません。
今、読んでいる「北欧予防歯科物語〜マーロウ先生の教え〜」に面白いことが書かれていました。
「捉え方の違いかもしれないが、そんな特別な治療を行わなくとも、重症化を事前に予測してそのリスクをコントロールしたり、もっと簡単で単純な治療で事足りたりすることのほうが”高度”で”先進”だと思わないかね」
※歯界展望 VOL.113 NO.6 JUNE 2009 Page1167より引用
個人的には非常に気持ちの良い言葉です。
「予防に勝る治療はない」というコンセプトをサポートされた気がします。
上工治未病、中工治己病」という考えはヨーロッパでも通じるようです。

「私の中ではそれらの治療は高度先進というより”まれ”な治療だ。毎日やる治療とは決してなりえない。もし多くの患者がそんな”まれ”な治療を必要としているとしたら、医療システムや学問が未発達な証拠だと思う」
シンプルでつまらないと感じがちな「当たり前のことを当たり前に続ける」ことが重要といえるでしょう。
野球選手でいえば、イチローのようにストイックに素振りを毎日続けることと同じようなことです。
「当たり前のことを飽きずに続けること」というのは、なかなか難しいものです。

このコラムを執筆された大野先生は自身のブログでもこう語っています。
私が歯科医師になりたての頃、
修復治療の師匠がこう訓えてくれました。

「世界一の腕を持つ歯科医師でも、 神様の創った天然の歯には敵わない」

偶然にも、スウェーデンの大学で研修中にも、同じことを言われました。
インプラントは「高度先進医療」の代表的なものですが、そんなことを行わなくとも、

歯を守る予防が上手くできたり、インプラントでなくとも、
普通の義歯や矯正その他の従来の方法で、十分満足いく結果が得られるならば、

そちらのほうが、「ほんとうの高度先進医療」ではないかと、私は考えます。
群馬県・前橋市 大野歯科医院のブログ インプラントに対する私の考えかたより引用
実は、コラムを読む前に大野先生のブログは拝見していました。
事前に知ったうえで大野先生の勧めもあって、コラムを読んでいます。

猫も杓子もインプラントといったインプラントバブルには、私も疑問を感じます。
歯を失った人にとっては”福音”かも知れませんが、インプラントは”まれ”な治療法であるべきでしょう。
| 当院のコンセプト | 審美歯科ランキング | 相談・お問合せ | 現在の予約状況 | 友達に教える |
| 歯科治療費800万円節約術 - 今すぐできる予防体質獲得プログラム [Kindle版] |
この記事のトラックバックURL
http://www.breath-design.com/trackback/1425513
この記事と関連性が高い記事一覧
あわせて読みたい同じカテゴリーの最新記事5本