サイト内を検索する
口臭の原因と解決策 動画
当院院長:吉岡秀樹
著書・メルマガ
診療科目・相談科目
  • 一般歯科 (ムシ歯/歯周病)
  • 審美歯科 (銀歯/変色/矯正)
  • 口腔内科 (口臭/口腔乾燥)
  • 予防歯科 (栄養/定期管理)
  • 歯科相談室・回答集
診察費用・技術料
営業時間・アクセス
ブレス・デザイン デンタルオフィス 新潟県長岡市殿町2丁目3-12
あなたのPCに永久保存

RSS ATOM
メールでの問合せ
メール問合せ
ジャンル別記事一覧
関連リンク集
地域別アクセスランキング

ジオターゲティング
あなたが解決したい「お口の悩み」に関する記事を探しましょう
口臭やドライマウスなどの悩みを解決したい方(口腔内科口臭外来栄養療法
ほんだ式口臭治療 (治療例) - 渇きやネバつきの治療 - 唾液検査 - 栄養療法
黄ばみ、変色、銀歯など見た目の悩みを解決したい方(審美歯科美容歯科
銀歯を白い歯に - 変色歯の治療 - ホワイトニング - すきっ歯の治療 - 歯列矯正治療
ご自身の歯を大切にしたいと思っている方(予防歯科歯科相談・その他)
メンテナンス (PMTC) - セカンドオピニオン(歯科相談) - 顕微鏡歯科 - 根管治療
新着トピックス
無料メルマガ「健康科学部通信」を始めました (毎週配信)
歯科治療の限界!? 予防歯科の重要性
歯科的疾患の大きな特徴は『元に戻せない』ものが非常に多いということです。
ムシ歯を治療しても、元の無傷な歯になることはありません。
歯周病で骨が溶けると、元の状態まで骨が回復することは非常に難しいです。
歯科治療の限界 クワドラントの考え方

これは『北欧予防歯科物語 - マーロウ先生の教え』に書かれていたもののアレンジ版です。
身体の状態を「O」「A」「P」「U」の4つに分類しています。(クワドラント

左上「O」は、主観的にも客観的にも良い状態です。
右上「A」は、理想的な状態ではないが許容範囲という状態。
右下「P」は、明らかに問題があって治療が必要だという状態。
左下「U」は、客観的には問題なさそうだが症状や不満が残っている状態。

図の上では、分かりやすいように、もう少しアレンジして表現しました。
上段は「要予防」の状態で、下段は「要治療」の状態です。

特に違っているだろう部分は、「O」を無傷な状態としている点です。
著者の大野先生マーロウ先生の考えとは違う部分もあると思いますが、自論を展開します。

一般的な歯科治療の多くは、「P⇒A」という介入( をしています。
ムシ歯を削って詰める、歯を抜いて入れ歯やインプラントにする、などです。
進行している歯周病を食い止める治療も、これに当てはまるでしょう。

「A⇒O」という介入(◆砲蓮∋肉炎に対するオーラルケア指導などがそうでしょう。
適切なセルフケアやセルフメディケーションで治ってくるタイプとも言えまるでしょう。

いわゆる”失敗”は「P⇒U」もしくは「U⇒P」()です。
これは誰もが望まない結果です。できるだけ避ける努力はお互いに必要です。

「P⇒O」(ぁ砲箸いΣ霪=治療は、実は歯科では多くありません。
痛みを伴う歯肉炎を治す、口内炎を治すなど、粘膜の軽度の問題がこれに当たるでしょう。

歯科治療が『元に戻せない』というのは、△筬い非常に少ないということです。
従来の歯科は、あくまでも外科系ですから仕方ない部分もあります。つまり・・・

歯科治療には限界がある!! のです。

イ筬Α↓Г箸いΣ霪は、いわゆる「予防に相当します。
「O」や「A」の状態を維持し続けようとするのが、予防です。

イ蓮惻N電予防』という呼び方もできるかと思います。
怪しいムシ歯を大きくしないような処置をするなどが、良い例でしょう。
少なくとも、イできない医院での治療は”破壊の連続”かも知れません。
歯医者は歯の墓場!? 問われるメンテナンスの質

Δ筬Г蓮愀鮃医療』という呼び名が適切なんではないでしょうか。
本当の意味での予防が、これに当てはまるでしょうね。

「O⇒A」になってしまうと、多くは「A」を維持するか、「P」に落ちるかです。
ごく一部の例(初期ムシ歯や歯肉炎、口内炎)では、「O」に戻せますが。。。

ブレス・デザインが治療対象にしている「自臭症」などの治療は「U⇒O」(─砲冒蠹します。
「O」の状態に戻すことが可能ですから、△筬い汎韻犬本当の治療だと思います。
原因を探り出して治療をするので、実は┐任呂覆い覆里も知れませんが。
外科ではなく、内科的治療であるからこそ「O」に戻せるとも言えます。

やはり、予防に勝る治療はないのです。
| 予防歯科・健康医療 | 審美歯科ランキング | 相談・お問合せ | 現在の予約状況 | 友達に教える |
| 歯科治療費800万円節約術 - 今すぐできる予防体質獲得プログラム [Kindle版] |
この記事のトラックバックURL
http://www.breath-design.com/trackback/1427001
この記事と関連性が高い記事一覧
あわせて読みたい同じカテゴリーの最新記事5本