サイト内を検索する
口臭の原因と解決策 動画
当院院長:吉岡秀樹
著書・メルマガ
診療科目・相談科目
  • 一般歯科 (ムシ歯/歯周病)
  • 審美歯科 (銀歯/変色/矯正)
  • 口腔内科 (口臭/口腔乾燥)
  • 予防歯科 (栄養/定期管理)
  • 歯科相談室・回答集
診察費用・技術料
営業時間・アクセス
ブレス・デザイン デンタルオフィス 新潟県長岡市殿町2丁目3-12
あなたのPCに永久保存

RSS ATOM
メールでの問合せ
メール問合せ
ジャンル別記事一覧
関連リンク集
地域別アクセスランキング

ジオターゲティング
あなたが解決したい「お口の悩み」に関する記事を探しましょう
口臭やドライマウスなどの悩みを解決したい方(口腔内科口臭外来栄養療法
ほんだ式口臭治療 (治療例) - 渇きやネバつきの治療 - 唾液検査 - 栄養療法
黄ばみ、変色、銀歯など見た目の悩みを解決したい方(審美歯科美容歯科
銀歯を白い歯に - 変色歯の治療 - ホワイトニング - すきっ歯の治療 - 歯列矯正治療
ご自身の歯を大切にしたいと思っている方(予防歯科歯科相談・その他)
メンテナンス (PMTC) - セカンドオピニオン(歯科相談) - 顕微鏡歯科 - 根管治療
新着トピックス
無料メルマガ「健康科学部通信」を始めました (毎週配信)
一眼レフカメラとコンパクトカメラの写り方の違い
ただ、ホワイトニングのように「色の変化」を記録する必要がある場合、必要な機材なのです。
最初は「コンパクトデジカメで良いかなぁ〜」と思っていたのですが・・・やっぱりダメでしたね。
「なぜ、こんなに安いの?」「余計な設備投資をしてないだけ」より
・・・ということで「どれだけ違うか」というお話。
CANON EOS 5D ワーキングディスタンス15cm

これは「撮像素子 35.8mm×23.9mm=フルサイズ」で撮影したものです。
被写体からレンズまでの距離は、およそ15センチです。

CANON EOS Kiss F ワーキングディスタンス15cm

同じく約15センチの距離で「撮像素子 22.2mm×14.8mm=APS-Cサイズ」で撮影してみました。
約1.61倍に拡大されて(中央部が切り取られる形で)写っていることが分かるでしょう。
縮小率を大きくして撮影すれば、フルサイズと同じ大きさで写すことも可能です。
※関連記事>>デジタルカメラの隠れた性能・撮像素子面積

オリンパス コンパクトデジカメ ワーキングディスタンス15cm

同じく約15センチの距離で、コンパクトデジタルカメラで撮影したものです。
被写体の正体が「MIペースト=リカルデント歯磨き」だったことが分かってしまいましたネ。

オリンパス コンパクトデジカメ ワーキングディスタンス3cm

今度は、フルサイズ一眼レフと同じくらいになるように近づいて撮影してみました。
被写体とカメラのレンズまでの距離は、わずか3センチになってしまいました。
ちょっと、これではワーキングディスタンスが近すぎて使い物にならないですね。

小さく撮って、あとで必要な部分だけトリミング・・・ということも可能ですが、統一感がなくなります。
また、トリミングすると画素数の問題も出てきますし。。。

拡大率(縮小率!?)を一定にするためには、マニュアルフォーカスが必要です。
そういうことも考えると、コンパクトデジカメは手軽で便利なのですが、仕事では使えませんでした。
| 口腔内写真・カメラ | 審美歯科ランキング | 相談・お問合せ | 現在の予約状況 | 友達に教える |
| 歯科治療費800万円節約術 - 今すぐできる予防体質獲得プログラム [Kindle版] |
この記事のトラックバックURL
http://www.breath-design.com/trackback/1444358
この記事と関連性が高い記事一覧
あわせて読みたい同じカテゴリーの最新記事5本