サイト内を検索する
口臭の原因と解決策 動画
当院院長:吉岡秀樹
著書・メルマガ
診療科目・相談科目
  • 一般歯科 (ムシ歯/歯周病)
  • 審美歯科 (銀歯/変色/矯正)
  • 口腔内科 (口臭/口腔乾燥)
  • 予防歯科 (栄養/定期管理)
  • 歯科相談室・回答集
診察費用・技術料
営業時間・アクセス
ブレス・デザイン デンタルオフィス 新潟県長岡市殿町2丁目3-12
あなたのPCに永久保存

RSS ATOM
メールでの問合せ
メール問合せ
ジャンル別記事一覧
関連リンク集
地域別アクセスランキング

ジオターゲティング
あなたが解決したい「お口の悩み」に関する記事を探しましょう
口臭やドライマウスなどの悩みを解決したい方(口腔内科口臭外来栄養療法
ほんだ式口臭治療 (治療例) - 渇きやネバつきの治療 - 唾液検査 - 栄養療法
黄ばみ、変色、銀歯など見た目の悩みを解決したい方(審美歯科美容歯科
銀歯を白い歯に - 変色歯の治療 - ホワイトニング - すきっ歯の治療 - 歯列矯正治療
ご自身の歯を大切にしたいと思っている方(予防歯科歯科相談・その他)
メンテナンス (PMTC) - セカンドオピニオン(歯科相談) - 顕微鏡歯科 - 根管治療
新着トピックス
無料メルマガ「健康科学部通信」を始めました (毎週配信)
ホワイトニングで使われる過酸化尿素濃度を過酸化水素濃度に換算すると・・・
ホワイトニングで使われる歯の美白剤は、過酸化水素過酸化尿素
ホームホワイトニングでは、10%〜22%程度の過酸化尿素が一般的。
対して、オフィスホワイトニングでは、15〜35%程度の過酸化水素です。
では、過酸化尿素を過酸化水素に換算すると、どれ位の濃度なのでしょう。
(こういう疑問が湧くと、とりあえず調べたくなる性格みたい・・・(^^;))

10% 過酸化尿素 = 3.6% 過酸化水素

・・・ということですから、過酸化尿素15%は換算すると、過酸化水素5.4%。
過酸化尿素20%では、過酸化水素7.2%に相当することになりますね。

過酸化水素の場合、作用させる時間は30分程度に抑えておく必要があります。
長時間使用すると、凍みるなどの不快症状が出やすくなるそうです。
デイホワイトを例に挙げると、30分×1日2回という使い方になります。

対して、過酸化尿素の場合は、ホワイトニング作用が出るまで時間がかかります。
完全に薬剤の効果がなくなるまでには、8時間程度かかるそうです。
(厚生労働省の使用基準は、2時間以内なんですけどね・・・)

なので、じっくりジワジワのホームホワイトニングには、過酸化尿素が使われ、
即効性と実感重視のオフィスホワイトニングでは過酸化水素を使われます。

先日紹介したブライトスマイルのホワイトニングペンの過酸化水素濃度は、
調べてみたところ5.25%でしたので、過酸化尿素換算で約15%になります。

日中使用するホームホワイトニング剤(デイホワイト等)の濃度を見ると、
過酸化水素で7.5%〜9.5%ですから、5.25%は「やや薄め」といえます。
ホワイトニングペンは、あくまでもタッチアップ用ですから、これで十分でしょうね。
| 歯のホワイトニング | 審美歯科ランキング | 相談・お問合せ | 現在の予約状況 | 友達に教える |
| 歯科治療費800万円節約術 - 今すぐできる予防体質獲得プログラム [Kindle版] |
この記事のトラックバックURL
http://www.breath-design.com/trackback/1467544
この記事と関連性が高い記事一覧
あわせて読みたい同じカテゴリーの最新記事5本