サイト内を検索する
口臭の原因と解決策 動画
当院院長:吉岡秀樹
著書・メルマガ
診療科目・相談科目
  • 一般歯科 (ムシ歯/歯周病)
  • 審美歯科 (銀歯/変色/矯正)
  • 口腔内科 (口臭/口腔乾燥)
  • 予防歯科 (栄養/定期管理)
  • 歯科相談室・回答集
診察費用・技術料
営業時間・アクセス
ブレス・デザイン デンタルオフィス 新潟県長岡市殿町2丁目3-12
あなたのPCに永久保存

RSS ATOM
メールでの問合せ
メール問合せ
ジャンル別記事一覧
関連リンク集
地域別アクセスランキング

ジオターゲティング
あなたが解決したい「お口の悩み」に関する記事を探しましょう
口臭やドライマウスなどの悩みを解決したい方(口腔内科口臭外来栄養療法
ほんだ式口臭治療 (治療例) - 渇きやネバつきの治療 - 唾液検査 - 栄養療法
黄ばみ、変色、銀歯など見た目の悩みを解決したい方(審美歯科美容歯科
銀歯を白い歯に - 変色歯の治療 - ホワイトニング - すきっ歯の治療 - 歯列矯正治療
ご自身の歯を大切にしたいと思っている方(予防歯科歯科相談・その他)
メンテナンス (PMTC) - セカンドオピニオン(歯科相談) - 顕微鏡歯科 - 根管治療
新着トピックス
無料メルマガ「健康科学部通信」を始めました (毎週配信)
神経のない歯を白くするインターナルブリーチとは・・・
打撲やムシ歯などで神経を取った歯は、徐々に黒っぽく変色してきます。
テトラサイクリン変色歯に並んで、気にされている方が多い「歯の色の悩み」の原因です。

こういった神経のない歯を白くする方法に、インターナルブリーチがあります。
かつては漂白剤を歯の中に閉じ込めておくウォーキングブリーチという方法もありました。
インターナルブリーチ(パワーブリーチ)とは、歯の裏に詰めてある樹脂をはずして、そこにホワイトニング剤を入れて、ライトやレーザーなどで白くする方法です。

一方のウォーキングブリーチは、30〜35%の過酸化水素と過ホウ酸ナトリウムを混和し、歯の内部に封入して歯を白くする方法です。

長期間漂白剤を歯の中に閉じ込めておくので、高い効果が得られます。
しかし、歯の根や骨に対する副作用や、根の先の痛みなども報告されており、最近ではあまり行われなくなってきています。

そういったリスクを考えると、インターナルブリーチの方が好ましいと思います。

どちらの方法にせよ天然の歯質をほとんど削らずに済むのが大きなメリットです。
デメリットは「この色まで!!」という色のコントロールが非常に難しいこと。(まず不可能)

周りの歯とできるだけ色を揃えるなら、セラミッククラウンなどで被せる方法が一般的です。
治療痕が大きく、天然歯質が少ない場合はファーストチョイスになるでしょう。

天然の歯質はプライスレスだと思うので、天然歯質が比較的たくさん残っている場合は、まずはブリーチから始めることをお勧めします。

ブリーチで歯を白くしてみて「おっ!これで良いかな・・・」ということなら安く済みます。
(業界相場では1本につき1万円前後と言われています)

通常の歯の表面からのホワイトニングでは、神経のない歯は反応が悪いです。
つまり、色のギャップが大きくなりやすい、ということです。
(もちろん、しつこくホワイトニングすれば追いついてはくれますが・・・)

気になっている部分があれば、ぜひご相談ください。
| 審美歯科・変色歯治療 | 審美歯科ランキング | 相談・お問合せ | 現在の予約状況 | 友達に教える |
| 歯科治療費800万円節約術 - 今すぐできる予防体質獲得プログラム [Kindle版] |
この記事のトラックバックURL
http://www.breath-design.com/trackback/1482500
この記事と関連性が高い記事一覧
あわせて読みたい同じカテゴリーの最新記事5本