サイト内を検索する
口臭の原因と解決策 動画
当院院長:吉岡秀樹
著書・メルマガ
診療科目・相談科目
  • 一般歯科 (ムシ歯/歯周病)
  • 審美歯科 (銀歯/変色/矯正)
  • 口腔内科 (口臭/口腔乾燥)
  • 予防歯科 (栄養/定期管理)
  • 歯科相談室・回答集
診察費用・技術料
営業時間・アクセス
ブレス・デザイン デンタルオフィス 新潟県長岡市殿町2丁目3-12
あなたのPCに永久保存

RSS ATOM
メールでの問合せ
メール問合せ
ジャンル別記事一覧
関連リンク集
地域別アクセスランキング

ジオターゲティング
あなたが解決したい「お口の悩み」に関する記事を探しましょう
口臭やドライマウスなどの悩みを解決したい方(口腔内科口臭外来栄養療法
ほんだ式口臭治療 (治療例) - 渇きやネバつきの治療 - 唾液検査 - 栄養療法
黄ばみ、変色、銀歯など見た目の悩みを解決したい方(審美歯科美容歯科
銀歯を白い歯に - 変色歯の治療 - ホワイトニング - すきっ歯の治療 - 歯列矯正治療
ご自身の歯を大切にしたいと思っている方(予防歯科歯科相談・その他)
メンテナンス (PMTC) - セカンドオピニオン(歯科相談) - 顕微鏡歯科 - 根管治療
新着トピックス
無料メルマガ「健康科学部通信」を始めました (毎週配信)
強酸性水、アルカリイオン水ってなんだ?
口腔内機能水「パーフェクトペリオ」に関連するお話です。
酸性水アルカリイオン水などと呼ばれる機能水について調べてみました。
・・・というかメーカーのフジ医療器さんに問い合わせてみました(^^;)
機能水とは、カルシウムイオンを含む飲料水を浄化し、電気分解して作られる水です。

アルカリイオン水というのは、pH8〜10程度の弱アルカリ性の飲用可能な水です。
還元電位水と呼ばれることもあるそうです。主成分は水素と水酸化カルシウム(Ca(OH)2)
炭酸水素ナトリウム(NaHCO3)=重曹ではないんですね。

pH10を超える飲用不可能な還元電位水は「強アルカリイオン水」などと呼ばれます。

一方の酸性水は、pH5.5程度の飲用不可能な水のことです。
酸化電位水とも呼ばれ、主成分は酸素と塩素です。

さらに飲用水に食塩を添加して電気分解すると、pH2.5程度の「強酸性水」が作れます。
食塩由来の塩素(Cl2)が水(H2O)と反応して、次亜塩素酸(HClO)が主成分となります。
問い合わせしたフジ医療器の製品では「衛生水」と呼ばれています。

アルカリイオン整水器について | アルカリイオン水協議会

強酸性水は、医療現場では器具の殺菌消毒などにも使われています。
強酸性水に色んな期待をしている歯科医は意外といるようです。(私も・・・!?)
次亜塩素酸は、菌やウイルスを広範囲で分解、不活性化できるそうなので。
水酸化カルシウムも、根管治療で使われる薬剤ですから応用が利きそうです。


強酸性水、欲しければペットボトル持ってきてくれれば差し上げますよ(^^)
| 院内紹介・設備機器 | 審美歯科ランキング | 相談・お問合せ | 現在の予約状況 | 友達に教える |
| 歯科治療費800万円節約術 - 今すぐできる予防体質獲得プログラム [Kindle版] |
この記事のトラックバックURL
http://www.breath-design.com/trackback/1484937
この記事と関連性が高い記事一覧
あわせて読みたい同じカテゴリーの最新記事5本