サイト内を検索する
口臭の原因と解決策 動画
当院院長:吉岡秀樹
著書・メルマガ
診療科目・相談科目
  • 一般歯科 (ムシ歯/歯周病)
  • 審美歯科 (銀歯/変色/矯正)
  • 口腔内科 (口臭/口腔乾燥)
  • 予防歯科 (栄養/定期管理)
  • 歯科相談室・回答集
診察費用・技術料
営業時間・アクセス
ブレス・デザイン デンタルオフィス 新潟県長岡市殿町2丁目3-12
あなたのPCに永久保存

RSS ATOM
メールでの問合せ
メール問合せ
ジャンル別記事一覧
関連リンク集
地域別アクセスランキング

ジオターゲティング
あなたが解決したい「お口の悩み」に関する記事を探しましょう
口臭やドライマウスなどの悩みを解決したい方(口腔内科口臭外来栄養療法
ほんだ式口臭治療 (治療例) - 渇きやネバつきの治療 - 唾液検査 - 栄養療法
黄ばみ、変色、銀歯など見た目の悩みを解決したい方(審美歯科美容歯科
銀歯を白い歯に - 変色歯の治療 - ホワイトニング - すきっ歯の治療 - 歯列矯正治療
ご自身の歯を大切にしたいと思っている方(予防歯科歯科相談・その他)
メンテナンス (PMTC) - セカンドオピニオン(歯科相談) - 顕微鏡歯科 - 根管治療
新着トピックス
無料メルマガ「健康科学部通信」を始めました (毎週配信)
親が食べたお箸であげたらだめ?
赤ちゃんや子供の食べ物を冷ますのにフーフーしちゃだめ?
親が食べたお箸であげたらだめ?
食べさせる人が歯周病菌を持っていたら移るからって聞いたことがありますが、
どうなんでしょう?
先日の歯科相談会@になニ〜ナの際に質問を受けて、回答できていなかったものです。

口の中には常在菌として、400とか500種類ものいろんな菌があり、
その細菌たちが複雑にバランスをとって棲息しています。

これらの口腔常在細菌は、カビやウイルス、他の細菌から身体を守ってくれています。
つまり、上手に飼いならせば「強い味方」という見かたもできるんですね。

大事なことは、細菌を伝染さないことではなく、コントロールすることです。
ただ、悪さする菌が少ない状態でバランスを取ると良いと思います。

そのためには、近くにいる保護者の方の口内環境を良くしておいた方が良いでしょう。
「子どものために自分の口内環境を改善しておく」のです。

「じゃぁ、どうすれば良いのか?」

たとえばPMTCなんかいかがですか?
ご家庭できっちりプラークコントロールするのも手ですけどね・・・。

口腔常在細菌には、遅かれ早かれ必ず感染するものだと思った方が現実的です。
上手に感染させて、上手に飼いならすことが重要なことだと思います。

ムシ歯予防に関する意外な事実だけ知っておけば、怖がることはありません。
歯周病もプラークコントロールをしておけば、基本的に予防可能でしょう。

予防可能な病気しか起こさない細菌が、ムシ歯菌とか歯周病菌なんです。
「バイキン、バイキン」といえば、悪いイメージになりますけど、ね。

大事なことなので、もう一度書いておきましょう。
『フーフー』が悪いわけでも『スプーン』や『お箸』が悪いわけでもありません。

あなたのお口の中は健康ですか?

感染源となりうる家族の口内環境を良くしておくことが最も重要です。
「親が手本となって、予防していかなければ、子どもの予防は成功しない」とも言えます。

「子は親の鏡」

・・・とも言いますからね。(ここで引き合いに出すのが正しいかは別として)
ムシ歯の多い子の親は、かなりの確率で銀歯だらけだったりしますね。

あ、食生活習慣も「環境因子」として関係しますけど・・・今回はスルーします(^^;)

ちなみにマニアックな(!?)先生方が、この手の回答をされているので参考までに。
キスで虫歯や歯周病はうつる?
親から子への虫歯菌の感染力はどの程度ですか?
子供に「キス」や「口移し」をしないというのは、虫歯予防に有効?

子どもにフッ素塗布するついでに、クリーニングを受けることをお勧めします。
歯科治療費節約術も併せて参考にしていただければ幸いです。
| 予防歯科・健康医療 | 審美歯科ランキング | 相談・お問合せ | 現在の予約状況 | 友達に教える |
| 歯科治療費800万円節約術 - 今すぐできる予防体質獲得プログラム [Kindle版] |
この記事のトラックバックURL
http://www.breath-design.com/trackback/1506382
この記事と関連性が高い記事一覧
あわせて読みたい同じカテゴリーの最新記事5本