サイト内を検索する
口臭の原因と解決策 動画
当院院長:吉岡秀樹
著書・メルマガ
診療科目・相談科目
  • 一般歯科 (ムシ歯/歯周病)
  • 審美歯科 (銀歯/変色/矯正)
  • 口腔内科 (口臭/口腔乾燥)
  • 予防歯科 (栄養/定期管理)
  • 歯科相談室・回答集
診察費用・技術料
営業時間・アクセス
ブレス・デザイン デンタルオフィス 新潟県長岡市殿町2丁目3-12
あなたのPCに永久保存

RSS ATOM
メールでの問合せ
メール問合せ
ジャンル別記事一覧
関連リンク集
地域別アクセスランキング

ジオターゲティング
あなたが解決したい「お口の悩み」に関する記事を探しましょう
口臭やドライマウスなどの悩みを解決したい方(口腔内科口臭外来栄養療法
ほんだ式口臭治療 (治療例) - 渇きやネバつきの治療 - 唾液検査 - 栄養療法
黄ばみ、変色、銀歯など見た目の悩みを解決したい方(審美歯科美容歯科
銀歯を白い歯に - 変色歯の治療 - ホワイトニング - すきっ歯の治療 - 歯列矯正治療
ご自身の歯を大切にしたいと思っている方(予防歯科歯科相談・その他)
メンテナンス (PMTC) - セカンドオピニオン(歯科相談) - 顕微鏡歯科 - 根管治療
新着トピックス
無料メルマガ「健康科学部通信」を始めました (毎週配信)
歯肉にニキビ!? - フィステル(婁孔・ろうこう)について
歯肉にニキビのような吹き出物ができてしまうことがあります。
神経を取って、差し歯で治してある歯に見られるケースが多いです。
婁孔(ろうこう)とかフィステル/フィスツーラ(fistulae/Fistula)と呼ばれます。
感染根管 歯内療法 フィステル(婁孔・ろうこう)

歯肉の深いところ、歯の根の先端がありそうな部分にポツンとできます。
歯ぐきのできもの(アブセス)が破けたもの、ともいえます。
アブセスのうちは痛んでいても、フィステルになると痛みが引くこともあります。

感染根管治療(歯内療法)術前・術後比較写真

レントゲンを撮ってみると、根尖病変が見られます。(写真・左)
治療方法は、もちろん感染根管治療になります。(写真・右)

感染根管治療は、適切に処置しても成功率は70〜80%といわれています。
テキトーな治療だと、半分以上が再治療になるという話もあります。
(まぁ、実際治療してみないと分からないのが現実なんですが・・・)

感染根管 歯内療法 フィステル(婁孔・フィスツーラ)

時間をかけて感染根管治療したところ、ニキビのようなものは消えました。
治っていっている兆候だと信じています。(-人-) 治りますように!!

打撲などの事故のせいなら仕方ないのですが、神経は取らないに越したことはないです。

「痛くなってから歯医者に行く」

そんな習慣が身についていると、かなりの確率で将来歯を失うでしょう。
ムシ歯は症状が出る前に、早めに神経の保護処置などを受けておきましょう。

「後悔、先に立たず」です。
| 根管治療・一般歯科 | 審美歯科ランキング | 相談・お問合せ | 現在の予約状況 | 友達に教える |
| 歯科治療費800万円節約術 - 今すぐできる予防体質獲得プログラム [Kindle版] |
この記事のトラックバックURL
http://www.breath-design.com/trackback/1511295
この記事と関連性が高い記事一覧
あわせて読みたい同じカテゴリーの最新記事5本