サイト内を検索する
口臭の原因と解決策 動画
当院院長:吉岡秀樹
著書・メルマガ
診療科目・相談科目
  • 一般歯科 (ムシ歯/歯周病)
  • 審美歯科 (銀歯/変色/矯正)
  • 口腔内科 (口臭/口腔乾燥)
  • 予防歯科 (栄養/定期管理)
  • 歯科相談室・回答集
診察費用・技術料
営業時間・アクセス
ブレス・デザイン デンタルオフィス 新潟県長岡市殿町2丁目3-12
あなたのPCに永久保存

RSS ATOM
メールでの問合せ
メール問合せ
ジャンル別記事一覧
関連リンク集
地域別アクセスランキング

ジオターゲティング
あなたが解決したい「お口の悩み」に関する記事を探しましょう
口臭やドライマウスなどの悩みを解決したい方(口腔内科口臭外来栄養療法
ほんだ式口臭治療 (治療例) - 渇きやネバつきの治療 - 唾液検査 - 栄養療法
黄ばみ、変色、銀歯など見た目の悩みを解決したい方(審美歯科美容歯科
銀歯を白い歯に - 変色歯の治療 - ホワイトニング - すきっ歯の治療 - 歯列矯正治療
ご自身の歯を大切にしたいと思っている方(予防歯科歯科相談・その他)
メンテナンス (PMTC) - セカンドオピニオン(歯科相談) - 顕微鏡歯科 - 根管治療
新着トピックス
無料メルマガ「健康科学部通信」を始めました (毎週配信)
治療痕をできるだけ分からないように・・・できた!?
小さなムシ歯と思っていたら、中で拡がっていることはよくあります。
特に若い人のムシ歯ほど、その傾向が強いように思えます。
今回は、学校健診でCOと言われた(!?)歯の治療例です。
ハイブリッドレジン・ダイレクトボンディング(直接充填法)
※ 症例写真撮影協力 ≫ 長岡市在住 10代 女性(高校生)
一見、ただの着色もしくは初期ムシ歯(CO)のように見えますが・・・
レントゲンで確認してみると、象牙質内で拡がっていました。
実際に麻酔をした上で削ってみると、ムシ歯が目視で確認できました。
その後、ラバーダムして、消毒して、表面処理して、充填修復しました。

学校健診というのは、ひどい状態を見つけるスクリーニングというもの。
学校健診でCOと言われても、検診でC1もしくはC2となることはありえます
(診査する環境が違うので、こればっかりは仕方ありません)

こういう治療をしちゃうと、健診では「健全歯」になっちゃうかも (^-^)v
本当は「処置歯」なんですけどね。 たぶん、やった自分ですらそうかも。

昔は、このくらいのムシ歯でも「必ず銀歯」になっちゃってたんですよね。
(今も医院によっては、アマルガムとかメタルインレーでしょうけど)

削りすぎはモチロン良くないのですが、削らなすぎて治療の精度が悪くなってしまうようだと、それも問題です。
過不足なくムシ歯を削り取るというのは、意外と難しいものです。

ガバッと大きく削って、レジンをペタッと詰めて、それなりに・・・
だったら大して治療時間もかけずに済むんですけどね (^^;)

プラークコントロールとpHコントロールの話もあわせてしたので、
今後新たなムシ歯を作ってしまうリスクは下げられるだろうと思います。

ちなみにこの写真も「審美歯科症例写真集」に追加しておきました。
| 審美歯科・レジン治療 | 審美歯科ランキング | 相談・お問合せ | 現在の予約状況 | 友達に教える |
| 歯科治療費800万円節約術 - 今すぐできる予防体質獲得プログラム [Kindle版] |
この記事のトラックバックURL
http://www.breath-design.com/trackback/1578912
この記事と関連性が高い記事一覧
あわせて読みたい同じカテゴリーの最新記事5本