サイト内を検索する
口臭の原因と解決策 動画
当院院長:吉岡秀樹
著書・メルマガ
診療科目・相談科目
  • 一般歯科 (ムシ歯/歯周病)
  • 審美歯科 (銀歯/変色/矯正)
  • 口腔内科 (口臭/口腔乾燥)
  • 予防歯科 (栄養/定期管理)
  • 歯科相談室・回答集
診察費用・技術料
営業時間・アクセス
ブレス・デザイン デンタルオフィス 新潟県長岡市殿町2丁目3-12
あなたのPCに永久保存

RSS ATOM
メールでの問合せ
メール問合せ
ジャンル別記事一覧
関連リンク集
地域別アクセスランキング

ジオターゲティング
あなたが解決したい「お口の悩み」に関する記事を探しましょう
口臭やドライマウスなどの悩みを解決したい方(口腔内科口臭外来栄養療法
ほんだ式口臭治療 (治療例) - 渇きやネバつきの治療 - 唾液検査 - 栄養療法
黄ばみ、変色、銀歯など見た目の悩みを解決したい方(審美歯科美容歯科
銀歯を白い歯に - 変色歯の治療 - ホワイトニング - すきっ歯の治療 - 歯列矯正治療
ご自身の歯を大切にしたいと思っている方(予防歯科歯科相談・その他)
メンテナンス (PMTC) - セカンドオピニオン(歯科相談) - 顕微鏡歯科 - 根管治療
新着トピックス
無料メルマガ「健康科学部通信」を始めました (毎週配信)
日本も、アメリカも「抜歯⇒インプラント」が流行!?
今日は、横浜市青葉区 ミロデンタルの宮川先生のブログ記事を紹介します。
宮川先生とは研鑽会の時に、懇親会の席で簡単に挨拶を交わした程度 (^^;)
ちょっと気になる記事だったので、勝手に引用させてもらうことにします。
サンフランシスコでの根管治療の治療費は600ドル〜1600ドル(位だったかな?)
日本での根管治療は一本あたり数千円程。単純に十倍以上の差があったりします。
日本の根管治療の現状についてかつてのアメリカもそういった状況があったと書いてありました。

昔、アメリカでは根管治療に対する治療費の設定があまりにも低く、根管治療の手抜きが横行していたようで、まじめにやればやる程儲らない今の日本と同じような状況になっていたそうな、。

そういった状況をブキャナン先生等が戦って変えて行った歴史があるそうです。

とはいっても、、それでもインプラントとは治療費が大きく違うので今のアメリカでは安易にインプラントにしてしまう傾向があると、、。

「microな世界: 日本も変わるのかなぁ、。」より引用

ブキャナン先生というのは、アメリカの根管治療のスペシャリストの先生です。
色んな根管治療器具を開発したりもしていますね。

・・・とまぁ、それはおいといて、、、

根管治療は一般的で基本的な治療で、歯の基礎工事ともいえる重要な治療。
この基礎工事がしっかりしていなければ「耐震強度不足」になります (^^;)

根管治療の治療費が約6〜16万円のアメリカでも、「抜歯⇒インプラント」。
診療報酬が抑えられている日本で、インプラントが流行るのは当然か・・・。

インプラントは「まれな治療」であるべきだと個人的には思いますが・・・。


抜歯⇒インプラント関連記事】
「抜歯⇒インプラント」に走る歯医者
根管治療よりもインプラント!? - 根管治療に力が入らない歯医者さん達
| 院長の雑記・コラム | 審美歯科ランキング | 相談・お問合せ | 現在の予約状況 | 友達に教える |
| 歯科治療費800万円節約術 - 今すぐできる予防体質獲得プログラム [Kindle版] |
この記事のトラックバックURL
http://www.breath-design.com/trackback/1584127
この記事と関連性が高い記事一覧
あわせて読みたい同じカテゴリーの最新記事5本