サイト内を検索する
口臭の原因と解決策 動画
当院院長:吉岡秀樹
著書・メルマガ
診療科目・相談科目
  • 一般歯科 (ムシ歯/歯周病)
  • 審美歯科 (銀歯/変色/矯正)
  • 口腔内科 (口臭/口腔乾燥)
  • 予防歯科 (栄養/定期管理)
  • 歯科相談室・回答集
診察費用・技術料
営業時間・アクセス
ブレス・デザイン デンタルオフィス 新潟県長岡市殿町2丁目3-12
あなたのPCに永久保存

RSS ATOM
メールでの問合せ
メール問合せ
ジャンル別記事一覧
関連リンク集
地域別アクセスランキング

ジオターゲティング
あなたが解決したい「お口の悩み」に関する記事を探しましょう
口臭やドライマウスなどの悩みを解決したい方(口腔内科口臭外来栄養療法
ほんだ式口臭治療 (治療例) - 渇きやネバつきの治療 - 唾液検査 - 栄養療法
黄ばみ、変色、銀歯など見た目の悩みを解決したい方(審美歯科美容歯科
銀歯を白い歯に - 変色歯の治療 - ホワイトニング - すきっ歯の治療 - 歯列矯正治療
ご自身の歯を大切にしたいと思っている方(予防歯科歯科相談・その他)
メンテナンス (PMTC) - セカンドオピニオン(歯科相談) - 顕微鏡歯科 - 根管治療
新着トピックス
無料メルマガ「健康科学部通信」を始めました (毎週配信)
最小限の切削でムシ歯治療(トンネリング・トンネル法) 【動画】
歯には、強度を保つための構造(柱や梁のような構造)が存在します。
そのひとつに「辺縁隆線」というものがあります。
※ 参考 ≫ ラバーウェッジやトンネル法、虫歯の判定や手袋の着用について

http://www.youtube.com/watch?v=F4PlN08UPss

歯の間にムシ歯ができた場合、保険診療では銀歯にするのが一般的です。
ですから、銀歯を詰めるために「辺縁隆線」は削ってしまいます。

すなわち「歯の強度が落ちてしまう」ということです。
それを防ぐ方法が「トンネリング形成+レジン充填治療」なのです。

・ムシ歯を取り残してしまう可能性
・隣の歯を傷つけてしまう可能性

こういった心配があるので、短時間治療の医院では一般的ではありません。
むしろ「ガッツリ削って銀歯」の方が、確実性の面でメリットが大きいでしょう。

「一旦銀歯で治して、そのうち白い歯に」では、辺縁隆線は守れません。
歯の強度を高く保とうと思ったら、最初からレジンで治すのが良いでしょう。

そのためには「レジン充填治療が得意な先生」に治してもらいましょう。
※ 参考動画 ≫ http://www.youtube.com/watch?v=-bnHsN08LlU
| 審美歯科・レジン治療 | 審美歯科ランキング | 相談・お問合せ | 現在の予約状況 | 友達に教える |
| 歯科治療費800万円節約術 - 今すぐできる予防体質獲得プログラム [Kindle版] |
この記事のトラックバックURL
http://www.breath-design.com/trackback/1603951
この記事と関連性が高い記事一覧
あわせて読みたい同じカテゴリーの最新記事5本