サイト内を検索する
口臭の原因と解決策 動画
当院院長:吉岡秀樹
著書・メルマガ
診療科目・相談科目
  • 一般歯科 (ムシ歯/歯周病)
  • 審美歯科 (銀歯/変色/矯正)
  • 口腔内科 (口臭/口腔乾燥)
  • 予防歯科 (栄養/定期管理)
  • 歯科相談室・回答集
診察費用・技術料
営業時間・アクセス
ブレス・デザイン デンタルオフィス 新潟県長岡市殿町2丁目3-12
あなたのPCに永久保存

RSS ATOM
メールでの問合せ
メール問合せ
ジャンル別記事一覧
関連リンク集
地域別アクセスランキング

ジオターゲティング
あなたが解決したい「お口の悩み」に関する記事を探しましょう
口臭やドライマウスなどの悩みを解決したい方(口腔内科口臭外来栄養療法
ほんだ式口臭治療 (治療例) - 渇きやネバつきの治療 - 唾液検査 - 栄養療法
黄ばみ、変色、銀歯など見た目の悩みを解決したい方(審美歯科美容歯科
銀歯を白い歯に - 変色歯の治療 - ホワイトニング - すきっ歯の治療 - 歯列矯正治療
ご自身の歯を大切にしたいと思っている方(予防歯科歯科相談・その他)
メンテナンス (PMTC) - セカンドオピニオン(歯科相談) - 顕微鏡歯科 - 根管治療
新着トピックス
無料メルマガ「健康科学部通信」を始めました (毎週配信)
見えるということは、とても大切なこと
このブログとともに「歯ヲタブログ」の双璧(!?)をなすブログで、
気になる記事がありましたので、ちょっと引用、紹介させてもらいます。
歯科医ブログランキング
先生によっては根の先端まで見える訳ではないので必要ない
と思われている先生もおられますが、これを言ったら・・・

我々歯科医師が治療出来ているのは主根管のみであって
側枝などの触れない・分らない部分が5割近くをしめるのですから、
根の先端までマイクロスコープで見えた所で無意味です。

顕微鏡(マイクロスコープ)についての話題でございます。
この記事の引用元は、EEデンタルの井野先生のブログです。
(いつも参考にして勉強させてもらっているブログです)

さて、さっそく引用させてもらいましょ。(転載に近いですが・・・)

また根の治療においての原則

「歯の上の部分の処理が出来なければ
 その先(下)の神経管は処理できない」


に当てはめれば上が見えることこそに価値があり、
上の問題を治療して下に進むの繰り返しで綺麗な根管治療が出来ると思います。

簡単に言い換えれば、「物事には順序があるんだよ」ということですね。

根の治療ってゴルフに例えられるんですよ。

根の治療は根の先端を目指す = ゴルフはカップを目指す



Q1、難コースのパー4のラウンドで一か八かでグリーンへワンオンを目指しますか!?

Q2、ティーグランドでサンドウエッジを握りますか!?

Q3、グリーンが見えない深いバンカーからカップを目指しますか!?

ゴルフはしない(やったことがない)んですが、これ位なら分かります。

私の考え

A1、2打目が打ちやすい場所を考えます。 

A2、コースによってドライバー、アイアンを使い分けます。

A3、一度グリーンが狙いやすい場所に出します。

そりゃそうでしょ、という感じ。(やらない、ぃゃ、できないクセに・・・ね)

歯で言うと

A1、根管の上部の処理を行い、根尖(根の先)に道具が届くようにします。

A2、単純な歯ではいきなりハンドファイルを握りますが、
   難度が高い歯(奥歯)では超音波を握ります。

A3、レッジが出来たらファイルの種類をもう一度細いものに変え
   レッジの修正を行う。(根尖方向へは作業を進めません)

一気に「歯ヲタの世界」に突入しちゃいましたが、皆さん、大丈夫?
ハンドファイルというのは、こんな根の治療をするための針金状の専門器具です。
(Kファイルって、「ファインディングニモ」でも出てくるんですよ)

「レッジ」というのは、簡単にいえば治療作業中にできた「段差」のこと。
そのまま無理に治療を進めていくと、根に横穴が開いてしまったりします。
(これを専門的には「パーフォレーションする」「パフォる」といいます)

その判断を『感』任せにおこなうのか、
それとも視野の拡大を行い、『客観的』に判断を行うのかの違いがあります。

今回のケースもそうですが、

見えるということは非常に大切なことなのです。

顕微鏡を使った歯科治療 - メリットは「よく見える」だけ!? も参考に。
マイクロスコープは同軸照明なので、根の中が非常に見やすくなります。

薄暗い(というか見えない)中で手探りで治療するのと、
明るく照らし、拡大して確認しながらのでは、大きな差が出るのは明らか。

「よしっ、OK!!」

という基準が違ってくるわけですからね。

確実さを求めて、手順を踏んで治療していくと非常に時間がかかります。
「勘」だけで治療を進めるなら、20〜30分で終わるでしょうけど (^^;)

※ 関連記事 ≫ 根管治療が得意な歯科医院の探し方
| 顕微鏡歯科・精密歯科 | 審美歯科ランキング | 相談・お問合せ | 現在の予約状況 | 友達に教える |
| 歯科治療費800万円節約術 - 今すぐできる予防体質獲得プログラム [Kindle版] |
この記事のトラックバックURL
http://www.breath-design.com/trackback/1604445
この記事と関連性が高い記事一覧
あわせて読みたい同じカテゴリーの最新記事5本