サイト内を検索する
口臭の原因と解決策 動画
当院院長:吉岡秀樹
著書・メルマガ
診療科目・相談科目
  • 一般歯科 (ムシ歯/歯周病)
  • 審美歯科 (銀歯/変色/矯正)
  • 口腔内科 (口臭/口腔乾燥)
  • 予防歯科 (栄養/定期管理)
  • 歯科相談室・回答集
診察費用・技術料
営業時間・アクセス
ブレス・デザイン デンタルオフィス 新潟県長岡市殿町2丁目3-12
あなたのPCに永久保存

RSS ATOM
メールでの問合せ
メール問合せ
ジャンル別記事一覧
関連リンク集
地域別アクセスランキング

ジオターゲティング
あなたが解決したい「お口の悩み」に関する記事を探しましょう
口臭やドライマウスなどの悩みを解決したい方(口腔内科口臭外来栄養療法
ほんだ式口臭治療 (治療例) - 渇きやネバつきの治療 - 唾液検査 - 栄養療法
黄ばみ、変色、銀歯など見た目の悩みを解決したい方(審美歯科美容歯科
銀歯を白い歯に - 変色歯の治療 - ホワイトニング - すきっ歯の治療 - 歯列矯正治療
ご自身の歯を大切にしたいと思っている方(予防歯科歯科相談・その他)
メンテナンス (PMTC) - セカンドオピニオン(歯科相談) - 顕微鏡歯科 - 根管治療
新着トピックス
無料メルマガ「健康科学部通信」を始めました (毎週配信)
「インプラントの生存率95%」の裏話
インプラントの説明でよくある「10年間での生存率は95%」というもの。
成功率ではなく生存率というのが、第一のチェックポイントです。
インプラントの生存率(サバイバルレート)というのは、実は・・・
インプラントが抜け落ちさえしなければ合格という甘い評価なのです。

がーん ちびまる子

( ̄△ ̄;)エッ、そうなの?

”成功率”での評価となると、95%なんて到底届かないでしょう。
しかも、問題を起こす理由が「インプラント周囲炎」という「歯周病」的なもの。

もっとも親和性の高い天然歯ですら「歯周病で失ってしまった」のであれば・・・
インプラントという生体親和性の高い異物は、長持ちしないのは当たり前でしょう。

【関連記事】歯を失った理由とインプラントの可否

がーん ちびまる子

Σ(゚Д゚|||) そう言われたら、そうかも・・・

インプラントの生存率と、自分の生存率(寿命)との勝負ってとこでしょうか (^^;)


しかも、この「生存率95%」というデータは、海外のとある先生のデータです。
今かかっている先生が同じ結果を出せるとは限りません。

誰がやっても95%の生存率ではない!! んです。

がーん ちびまる子

(_□_;) そりゃ、そうだわね...
(あ、しつこかったですかネ・・・)

確率的には「20人に1人はインプラントが脱落している」ハズです。
10年経過症例がなければ、そんなにいないかも知れませんが・・・

ポイントは「うまくいかなかった時に、どうフォローしてくれるか」だと思います。
一応、この辺りの話を聞きたいなと思いつつ、今週末は大阪に行ってきます。

行きは新幹線、帰りは夜行かな・・・ ε=( ̄。 ̄;)

ブログランキング・にほんブログ村へ オラに元気を分けてくれ!! (by悟空)
| 歯周内科・歯周病外来 | 審美歯科ランキング | 相談・お問合せ | 現在の予約状況 | 友達に教える |
| 歯科治療費800万円節約術 - 今すぐできる予防体質獲得プログラム [Kindle版] |
この記事のトラックバックURL
http://www.breath-design.com/trackback/1620721
この記事と関連性が高い記事一覧
あわせて読みたい同じカテゴリーの最新記事5本