サイト内を検索する
口臭の原因と解決策 動画
当院院長:吉岡秀樹
著書・メルマガ
診療科目・相談科目
  • 一般歯科 (ムシ歯/歯周病)
  • 審美歯科 (銀歯/変色/矯正)
  • 口腔内科 (口臭/口腔乾燥)
  • 予防歯科 (栄養/定期管理)
  • 歯科相談室・回答集
診察費用・技術料
営業時間・アクセス
ブレス・デザイン デンタルオフィス 新潟県長岡市殿町2丁目3-12
あなたのPCに永久保存

RSS ATOM
メールでの問合せ
メール問合せ
ジャンル別記事一覧
関連リンク集
地域別アクセスランキング

ジオターゲティング
あなたが解決したい「お口の悩み」に関する記事を探しましょう
口臭やドライマウスなどの悩みを解決したい方(口腔内科口臭外来栄養療法
ほんだ式口臭治療 (治療例) - 渇きやネバつきの治療 - 唾液検査 - 栄養療法
黄ばみ、変色、銀歯など見た目の悩みを解決したい方(審美歯科美容歯科
銀歯を白い歯に - 変色歯の治療 - ホワイトニング - すきっ歯の治療 - 歯列矯正治療
ご自身の歯を大切にしたいと思っている方(予防歯科歯科相談・その他)
メンテナンス (PMTC) - セカンドオピニオン(歯科相談) - 顕微鏡歯科 - 根管治療
新着トピックス
無料メルマガ「健康科学部通信」を始めました (毎週配信)
次亜塩素酸イオン水(機能水)の話を聞いてきた
ちょっと面白い話を聞いてきたので、忘れないうちに記事にします。

先週の木曜日の夜、燕三条まで出かけて「次亜塩素酸イオン水」の話を聞いてきました。
いわゆる「機能水」と呼ばれる類のものなんですが、化学ネタとして記事にします。
EPIOS POICウォーター

燕三条の地場産センターの会議室でのセミナー。
「EPIOS(エピオス)」という会社が作ってる電解機能水のお話でした。

歯科界での対抗馬(?)になるのが「パーフェクトペリオ」らしく、
その辺の裏話もチョロチョロっと聞かせてもらいました (^^)

聞きたい方もいるかも知れませんが、それはまた気が向いた時にでも...


さて、本題。


というか、要点だけ書いておきます。

・HClOの殺菌力は、ClO-の殺菌力の約80〜100倍
・HClOは、食品添加物として80ppmまでは認められている
・HClOは、生体免疫細胞も作り出せる殺菌成分
・ClO-は、タンパク質分解能力がある

・次亜塩素酸水溶液は、pHによって平衡状態が決まる(図)

次亜塩素酸 ルドルフのグラフ
※ 「ルドルフのグラフ」

・20ppm(pH6.5)の方が、500ppm(pH9.5)より殺菌力は高い
・20ppm(pH6.5)より、500ppm(pH9.5)の方がタンパク分解能力は高い

・次亜塩素酸水にCO2を混合すると、酸性化させることが可能
・pHが低くなると、HClOの比率が増えて殺菌力が増す

次亜塩素酸 温度

・次亜塩素酸系の殺菌力は、温度が高い方が高まる
・ただし、70℃を越えてくると変性し殺菌力が著しく低下する
・60℃程度に加温して使用すると、殺菌力が最大化される

・次亜塩素酸水は、pH8.0以上になるとタンパク分解能力を持つ
・ClO-濃度が400〜500ppm以上になるとタンパク分解能力が高まる

・タンパクと反応しジクロラミンが発生すると特有のプール臭が生じる

今回のお話から、皆さんはなにかヒントは得られたでしょうか。

この手の「機能水」って多種多様にあるのですが、要は濃度とpHで作用が変わるんですね。
| 学会・研修・セミナー | 審美歯科ランキング | 相談・お問合せ | 現在の予約状況 | 友達に教える |
| 歯科治療費800万円節約術 - 今すぐできる予防体質獲得プログラム [Kindle版] |
この記事のトラックバックURL
http://www.breath-design.com/trackback/1620884
この記事と関連性が高い記事一覧
あわせて読みたい同じカテゴリーの最新記事5本