サイト内を検索する
口臭の原因と解決策 動画
当院院長:吉岡秀樹
著書・メルマガ
診療科目・相談科目
  • 一般歯科 (ムシ歯/歯周病)
  • 審美歯科 (銀歯/変色/矯正)
  • 口腔内科 (口臭/口腔乾燥)
  • 予防歯科 (栄養/定期管理)
  • 歯科相談室・回答集
診察費用・技術料
営業時間・アクセス
ブレス・デザイン デンタルオフィス 新潟県長岡市殿町2丁目3-12
あなたのPCに永久保存

RSS ATOM
メールでの問合せ
メール問合せ
ジャンル別記事一覧
関連リンク集
地域別アクセスランキング

ジオターゲティング
あなたが解決したい「お口の悩み」に関する記事を探しましょう
口臭やドライマウスなどの悩みを解決したい方(口腔内科口臭外来栄養療法
ほんだ式口臭治療 (治療例) - 渇きやネバつきの治療 - 唾液検査 - 栄養療法
黄ばみ、変色、銀歯など見た目の悩みを解決したい方(審美歯科美容歯科
銀歯を白い歯に - 変色歯の治療 - ホワイトニング - すきっ歯の治療 - 歯列矯正治療
ご自身の歯を大切にしたいと思っている方(予防歯科歯科相談・その他)
メンテナンス (PMTC) - セカンドオピニオン(歯科相談) - 顕微鏡歯科 - 根管治療
新着トピックス
無料メルマガ「健康科学部通信」を始めました (毎週配信)
体内の鉄を厳重に守っているタンパク質たち
「体内の鉄は厳重に管理されている」

そんな話を週末、品川で聞いてきました。
体内の鉄は、常にタンパク質で厳重にガードされているんです。
フェリチン トランスフェリン ラクトフェリン

現在使われてない鉄は、基本的にフェリチンの形でストックされています。
必要な時にはここから取り崩すので、銀行の預金みたいなカンジです。

そして、鉄が体内を移動する時はトランスフェリンが運びます。
イメージ的には現金輸送車で運ぶカンジでしょうか。

しかし、身体は時々傷ついて出血してしまうことがあります。
頻繁にあるわけではないですから、銀行強盗に遭ったカンジでしょうか。

出血という形で体外に出た鉄分は、ラクトフェリンなどで回収します。
銀行強盗を取り押さえる警察のような働きをしているんですね。

出血を起こさないようにすれば、鉄を失わないような仕組みになっています。
もし、出血しちゃってもラクトフェリンで回収できれば、損失は抑えられます。
鉄は口腔内や腸内の細菌も欲しがっているので、人と奪い合いをしてますからね。

これらの物質はタンパク質なので、タンパク欠乏ではそうはいきません。
原材料となるタンパク質を十分に摂取することが大切と言えるでしょう。

そして、シッカリ消化吸収させるためにも、腸内環境を整えることも大事です。
さらには、吸収したタンパク質をちゃんと使えているかどうかも、ですね。

この辺りは、血液検査データがあれば読むことも可能なところです。


あっ、これは口内環境の維持や歯周病と関連が深いんですよね。
だから、書いているんですよ! だって、ウチは歯科医院ですからね。
| 栄養療法・食事療法 | 審美歯科ランキング | 相談・お問合せ | 現在の予約状況 | 友達に教える |
| 歯科治療費800万円節約術 - 今すぐできる予防体質獲得プログラム [Kindle版] |
この記事のトラックバックURL
http://www.breath-design.com/trackback/1621067
この記事と関連性が高い記事一覧
あわせて読みたい同じカテゴリーの最新記事5本