サイト内を検索する
口臭の原因と解決策 動画
当院院長:吉岡秀樹
著書・メルマガ
診療科目・相談科目
  • 一般歯科 (ムシ歯/歯周病)
  • 審美歯科 (銀歯/変色/矯正)
  • 口腔内科 (口臭/口腔乾燥)
  • 予防歯科 (栄養/定期管理)
  • 歯科相談室・回答集
診察費用・技術料
営業時間・アクセス
ブレス・デザイン デンタルオフィス 新潟県長岡市殿町2丁目3-12
あなたのPCに永久保存

RSS ATOM
メールでの問合せ
メール問合せ
ジャンル別記事一覧
関連リンク集
地域別アクセスランキング

ジオターゲティング
あなたが解決したい「お口の悩み」に関する記事を探しましょう
口臭やドライマウスなどの悩みを解決したい方(口腔内科口臭外来栄養療法
ほんだ式口臭治療 (治療例) - 渇きやネバつきの治療 - 唾液検査 - 栄養療法
黄ばみ、変色、銀歯など見た目の悩みを解決したい方(審美歯科美容歯科
銀歯を白い歯に - 変色歯の治療 - ホワイトニング - すきっ歯の治療 - 歯列矯正治療
ご自身の歯を大切にしたいと思っている方(予防歯科歯科相談・その他)
メンテナンス (PMTC) - セカンドオピニオン(歯科相談) - 顕微鏡歯科 - 根管治療
新着トピックス
無料メルマガ「健康科学部通信」を始めました (毎週配信)
「口の中がベタベタする方」の血液検査データを読んでみた
血液検査データなので栄養療法関連記事かもですが・・・

で、前回来院時に「次回、持ってきてね」とお願いした血液検査データ。
今回持ってきてもらえたので、ちょっとデータを読み込んでみました (*^-^)b
血液検査 栄養療法 新潟

「境界型糖尿病の疑い」

としか、採血した医院では言われなかったんだそうです (^^;)
ホント、基準値に入ってるかどうかしか見られてないことの多いこと。

家族に糖尿病患者がいるそうなんで、片足突っ込んでるのは間違いなさそう。
「LDL/HDL」から見れば、脂質異常症と言われてもオカシくないんですけど・・・
※ 「LDL/HDL」は分かりやすいように、こちらで計算し追加しました

実際、約8ヶ月前の検査では「脂質異常症」とも書かれてたそうです。
いわゆる「メタボリックシンドローム」になっちゃってますね (>_<)


で、この検査データを深読みして分かってきたこと・・・

背景にある潜在的な鉄欠乏からの、糖質過多な食生活習慣。
煮物だとか果物が大好きで、肉はあまり食べなかったんだそうです。

その結果、肝臓はフォアグラちっくになってきている模様。
そして、タンパク質の代謝がうまくいかなくなってるようですね。
ビタミンB群の欠乏もあると考えられるでしょう。

そして、血糖コントロール不良による歯肉からの微小出血。
タンパク合成が低く、ビタミンCの無駄遣いもありますからね、
歯肉やその他粘膜のコラーゲンバリアが弱っているのでしょう。

歯肉からの微小出血があれば、口腔内細菌は繁殖しやすくなります。
問題を起こす菌の多くは、繁殖増殖のために「鉄」を必要としますからね。
※ 関連記事 ≫ 人間と嫌気性細菌との「鉄」の奪い合い


で、今回というか前回から試してもらったことは・・・

バイオラクト ラクトフェリン 有胞子乳酸菌 セルロース オリゴ糖

糖質制限食 + バイオラクト

今回、症状の変化を訊ねてみると「かなり良い感じ」なんだそう。
どっちが効いたのか、もしくは相乗効果なのかは分かりませんが、まぁ良いです。


血糖コントロールがうまくいってないと、唾液の分泌量が低くなります。
インスリンが出まくっていると、唾液の性能が落ちる可能性もありますしね。
※ 関連記事 ≫ 唾液の性能は「亜鉛」が握っている可能性がある

で、「バイオラクト」というのは、有胞子乳酸菌を含むラクトフェリンです。
これを就寝前に、口の中でできる限り長時間舐めておいておいてもらいました。

こうすることで、口腔内細菌から鉄を奪って、繁殖を抑えるワケです。
潜在的な鉄欠乏もあるようなので、鉄分の回収をさせないといけませんしね。
併せて、腸内細菌のバランスも悪くなっていそうなので、そのためにも、ね。
※ 関連記事 ≫ 体内の鉄を厳重に守っているタンパク質たち

実は、我が家でも使ってるのですが、多くの人が効果を実感できるでしょう。
| 口腔内科・ドライマウス | 審美歯科ランキング | 相談・お問合せ | 現在の予約状況 | 友達に教える |
| 歯科治療費800万円節約術 - 今すぐできる予防体質獲得プログラム [Kindle版] |
この記事のトラックバックURL
http://www.breath-design.com/trackback/1621089
この記事と関連性が高い記事一覧
あわせて読みたい同じカテゴリーの最新記事5本