サイト内を検索する
口臭の原因と解決策 動画
当院院長:吉岡秀樹
著書・メルマガ
診療科目・相談科目
  • 一般歯科 (ムシ歯/歯周病)
  • 審美歯科 (銀歯/変色/矯正)
  • 口腔内科 (口臭/口腔乾燥)
  • 予防歯科 (栄養/定期管理)
  • 歯科相談室・回答集
診察費用・技術料
営業時間・アクセス
ブレス・デザイン デンタルオフィス 新潟県長岡市殿町2丁目3-12
あなたのPCに永久保存

RSS ATOM
メールでの問合せ
メール問合せ
ジャンル別記事一覧
関連リンク集
地域別アクセスランキング

ジオターゲティング
あなたが解決したい「お口の悩み」に関する記事を探しましょう
口臭やドライマウスなどの悩みを解決したい方(口腔内科口臭外来栄養療法
ほんだ式口臭治療 (治療例) - 渇きやネバつきの治療 - 唾液検査 - 栄養療法
黄ばみ、変色、銀歯など見た目の悩みを解決したい方(審美歯科美容歯科
銀歯を白い歯に - 変色歯の治療 - ホワイトニング - すきっ歯の治療 - 歯列矯正治療
ご自身の歯を大切にしたいと思っている方(予防歯科歯科相談・その他)
メンテナンス (PMTC) - セカンドオピニオン(歯科相談) - 顕微鏡歯科 - 根管治療
新着トピックス
無料メルマガ「健康科学部通信」を始めました (毎週配信)
TCHって、肩こり的な?! 乳酸とビタミンB群(特にナイアシン)との関連性
事の発端は「歯牙接触癖(TCH)って、なぜ起こるんだろう」という疑問から。
触診してみると分かるのですが、TCHがある人の頬粘膜って硬いんですよね。

「筋肉が硬くなる...」
「うーん、乳酸か?」


ということで、今日は「体内の乳酸に関するエトセトラ」です。
乳酸 NAD ナイアシン 核酸 ビタミンB
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=384237741653268

血液中のグルコース(ブドウ糖)がエネルギー源になるか、乳酸になるか。
そのカギを握っているのは、どうやら「酸素」と「NAD」という物質だそう。

NAD」というのは、ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドの略称。
そして、生きた細胞の中での「ナイアシンの主な保存庫」の役割も担う物質です。

このNADは、好気呼吸(酸素呼吸)の中心的存在を担う補酵素なんですね。
簡単に言うと「酸化剤=燃料」で、使われると還元されて「NADH」になります。

で、構造的にはアデニル酸(AMP)2分子が脱水結合したもの「ジヌクレオチド」、
それの「アデニン」部分がひとつ「ニコチンアミド≒ナイアシン」に換わったもの。
「核酸」は、DNAとかに含まれるものと同じで、これもグルコースから作られます。

 * * *

グルコースは代謝され、まずピルビン酸というものになります。
その後、NAD濃度が高くて、酸素供給が十分にある時は、TCA回路に入ります。

逆に、NADH濃度が高かったり、酸素欠乏状態だと、LDHの働きで乳酸になります。
※ 乳酸脱水素酵素(LDH)の活性中心のミネラルは「亜鉛(Zn)」です。

TCA回路(クエン酸回路)を回すためには、ビタミンB群も欠かせません。
これが不足していると、回路がどん詰まりを起こしてしまって、うまく回りません。

グルコースからTCA回路を使って、能率よくエネルギーを産み出すためには、
燃料となるNAD、酸素、潤滑油のビタミンB群が欠かせないってこと。

酸素を運んでくるのは、血液中の赤血球のヘモグロビンですね。
これは、鉄が足りていないと貧血状態になってきて、酸素不足になりがちです。

では、TCA回路に入れずに、乳酸になっちゃった場合はどうなるか。

NADと酸素が十分にある場合は、ピルビン酸に戻され、TCA回路に入り直します。
もしくは、肝臓の「コリ回路」でエネルギーを消耗した上で、グルコースに戻されます。

乳酸はたまってくると、それが刺激になって筋肉の異常緊張を起こしたりもするそう。
肩こりとか、こむら返りとか、TCHとか、そういうのに関連するところかな、と。

 * * *

グルコースを燃やして、効率よくエネルギーを産み出すためには、
鉄やビタミンB群、特にナイアシン(VB3)が欠かせない存在と言えそうですね。

ビタミンB群は加工食品の影響や、ストレスなんかの影響で不足しがち。
糖質過剰な食生活を送っていると、すごく消耗しちゃうので注意が必要です。

まぁ、鉄欠乏気味だと「糖質依存傾向」になりがちなんですけどね (^^;)
※ 関連記事 ≫ 糖新生で低血糖を避けるために、なぜ鉄分が必要なのか

テレビやパソコンなどを見てると、やはりビタミンB群は消耗するんだそう。
ホラ、ありましたでしょ? 「激しいアニメ見てて、子どもがてんかん発作」っての。
「光過敏性てんかん」とか「光てんかん症」とか名づけられてるようですが。
※ Google検索 ≫ 「てんかん ビタミンB」「痙攣 ビタミンB」「痙攣 乳酸

あ、そうそう、アルコールの代謝にはビタミンB1とナイアシンが必要です。
なので、過剰な飲酒ってのも、ビタミンB群やナイアシン欠乏につながりがちです。

ビタミンB群(特にナイアシン) & 鉄

この辺が「TCHのカギ」を握ってるような気がしてきています。
実際どうなのかってのは、血液検査データから読みとれたりします。
※ 関連記事 ≫ 「顎関節症と診断された方」の血液検査データを読んでみた
※ 関連記事 ≫ かくれ貧血(潜在性鉄欠乏)って、本当に多い

ビタミンB群って本来は腸内細菌がたくさん作ってくれるハズなんですが (^^;)
抗生剤の乱用とか、精製糖質の氾濫なんかの影響もあるかなー、なんて。

「糖質依存症から抜け出すためのコツ」も参考にどうぞ (*^-^)b
| 栄養療法・食事療法 | 審美歯科ランキング | 相談・お問合せ | 現在の予約状況 | 友達に教える |
| 歯科治療費800万円節約術 - 今すぐできる予防体質獲得プログラム [Kindle版] |
この記事のトラックバックURL
http://www.breath-design.com/trackback/1621096
この記事と関連性が高い記事一覧
あわせて読みたい同じカテゴリーの最新記事5本