サイト内を検索する
口臭の原因と解決策 動画
当院院長:吉岡秀樹
著書・メルマガ
診療科目・相談科目
  • 一般歯科 (ムシ歯/歯周病)
  • 審美歯科 (銀歯/変色/矯正)
  • 口腔内科 (口臭/口腔乾燥)
  • 予防歯科 (栄養/定期管理)
  • 歯科相談室・回答集
診察費用・技術料
営業時間・アクセス
ブレス・デザイン デンタルオフィス 新潟県長岡市殿町2丁目3-12
あなたのPCに永久保存

RSS ATOM
メールでの問合せ
メール問合せ
ジャンル別記事一覧
関連リンク集
地域別アクセスランキング

ジオターゲティング
あなたが解決したい「お口の悩み」に関する記事を探しましょう
口臭やドライマウスなどの悩みを解決したい方(口腔内科口臭外来栄養療法
ほんだ式口臭治療 (治療例) - 渇きやネバつきの治療 - 唾液検査 - 栄養療法
黄ばみ、変色、銀歯など見た目の悩みを解決したい方(審美歯科美容歯科
銀歯を白い歯に - 変色歯の治療 - ホワイトニング - すきっ歯の治療 - 歯列矯正治療
ご自身の歯を大切にしたいと思っている方(予防歯科歯科相談・その他)
メンテナンス (PMTC) - セカンドオピニオン(歯科相談) - 顕微鏡歯科 - 根管治療
新着トピックス
無料メルマガ「健康科学部通信」を始めました (毎週配信)
歯周病と糖尿病、そして、鉄欠乏性貧血と食後高血糖
久しぶりの「らしいブログ記事」なので、欲張りなタイトルにしました。
血糖値やら糖尿病関連の記事が多いのは、歯周病との関連が深いからです。
決して、内科医に転身したわけありません。口腔内科かもですが。
歯周病 糖尿病

先週のバレンタインの日の夜は、こんな講演を聞いていました。
「歯周病と糖尿病とには密接な関連がある」というテーマの市民講演。
「代謝」の話では、ちょっとツッコミを入れたかったのですが、やめました。

「糖尿病」って、肥満のイメージがあるかも知れません。
ところが、そうでもないことがあることを今日は書いてみたいと思います。

BMIって、知ってますか?

体重(kg)を身長(m)で2回割って計算される体格指数というものです。
20を割り込んできている人は、細身のカラダと言えます。で...

歯周病 糖尿病 貧血 鉄欠乏

BMIは15.9ですから、美容体型を通りすぎて「やせすぎ」の状態です。
少なくとも「肥満」ではないことは、誰の目にも明らかですよね。

「やせすぎ」なこの方のBS(随時血糖値)は、168。
これは「糖尿病が疑わしい」という状態ですね。
さらに、糖尿病の指標の代表ともいえるHbA1cはというと、5.5でギリギリ基準値内。

ところが、この方はHbやHCTから分かるように、かなりの貧血傾向。
ということは、このHbA1cって低めに出ている可能性が高いんですよね。

そして、貧血があるから肝臓での糖代謝が悪くなっていることが推察されます。
そのために、食事によって取り込まれた糖が血管内で渋滞を起こしているようなんです。

血管内での糖の渋滞=食後高血糖 です。

併せてビタミンB群も足りてなさそうですから、なおさらですね。
このことは、肝臓系のデータやMCVから読み取れるんです、分かる人には。

これは歯周病体質の可能性大ですね。
表には書いていませんが、HDLやLDLなどの脂質関連データを見ても、そうです。

そこで「くびれしぴ」で貧血改善を目指しながら、血糖コントロール。
貧血があると「糖新生」が難しくなるので、糖質制限だけではうまくいかないかも。

そういう時は「隠し球」を使うことがあります、今日は秘密ですが。
| 栄養療法・食事療法 | 審美歯科ランキング | 相談・お問合せ | 現在の予約状況 | 友達に教える |
| 歯科治療費800万円節約術 - 今すぐできる予防体質獲得プログラム [Kindle版] |
この記事のトラックバックURL
http://www.breath-design.com/trackback/1621139
この記事と関連性が高い記事一覧
あわせて読みたい同じカテゴリーの最新記事5本