サイト内を検索する
口臭の原因と解決策 動画
当院院長:吉岡秀樹
著書・メルマガ
診療科目・相談科目
  • 一般歯科 (ムシ歯/歯周病)
  • 審美歯科 (銀歯/変色/矯正)
  • 口腔内科 (口臭/口腔乾燥)
  • 予防歯科 (栄養/定期管理)
  • 歯科相談室・回答集
診察費用・技術料
営業時間・アクセス
ブレス・デザイン デンタルオフィス 新潟県長岡市殿町2丁目3-12
あなたのPCに永久保存

RSS ATOM
メールでの問合せ
メール問合せ
ジャンル別記事一覧
関連リンク集
地域別アクセスランキング

ジオターゲティング
あなたが解決したい「お口の悩み」に関する記事を探しましょう
口臭やドライマウスなどの悩みを解決したい方(口腔内科口臭外来栄養療法
ほんだ式口臭治療 (治療例) - 渇きやネバつきの治療 - 唾液検査 - 栄養療法
黄ばみ、変色、銀歯など見た目の悩みを解決したい方(審美歯科美容歯科
銀歯を白い歯に - 変色歯の治療 - ホワイトニング - すきっ歯の治療 - 歯列矯正治療
ご自身の歯を大切にしたいと思っている方(予防歯科歯科相談・その他)
メンテナンス (PMTC) - セカンドオピニオン(歯科相談) - 顕微鏡歯科 - 根管治療
新着トピックス
無料メルマガ「健康科学部通信」を始めました (毎週配信)
人が歯軋りをする理由 その3
「では続きは吉岡先生お願いします!」

と、青島徹児先生にFacebookで言われて、勝手に続編を書きます。

酸欠状態になると 多くの酸素をとり込もうとするため・・・
エラが動く=歯軋りをするということなのです。

理由は・・・鰓弓筋だからです。

これが青島先生の「人が歯軋りをする理由」の結論になっていました。
なるほど、解剖学というか発生学という基礎から視るのも面白いですね。
では、そこからもうちょっと深堀りしてみようというのが、今回の記事。
自律神経 鰓弓筋
自律神経系 - Wikipedia より

歯軋りは勝手にやっちゃっているものですし、寝ている間も起きます。
筋肉の痙攣ということもできるかも知れないし、自律神経系かも知れない。

まぁ、どちらにしても神経において、何かが起きていると考えられそう。
そうでなければ、人によって発生する頻度の違いに説明がつきません。

「ストレス」

という一言に対しても、ストレス耐性は人によって変わってきます。
抗ストレスホルモンといえば、コルチゾールやアドレナリンなどの副腎ホルモン。

こういったストレス対抗ホルモンの原材料は、コレステロールです。
そして、作るためにはビタミンCやマグネシウムなどが必要だったりします。

なんてことを書いてはみたものの...

TCHって、肩こり的な?! 乳酸とビタミンB群(特にナイアシン)との関連性
この記事からして、鉄やビタミンB群との関連の方が説明がつきやすそうです。

ビタミンBというのは、ストレスによっても激しく消耗します。
今みたいに、パソコンや携帯のモニターを見ている時も、消耗していきます。

お酒を飲んだら、なおさらガッツリと消耗していきますし、
「締めにラーメン!」のような糖質を摂れば、その処理でも大量に奪われます。

あ、そうそう「逆流性食道炎」との関連も指摘されてますから、それは次の機会に!
| 顎関節症・歯牙接触癖 | 審美歯科ランキング | 相談・お問合せ | 現在の予約状況 | 友達に教える |
| 歯科治療費800万円節約術 - 今すぐできる予防体質獲得プログラム [Kindle版] |
この記事のトラックバックURL
http://www.breath-design.com/trackback/1621154
この記事と関連性が高い記事一覧
あわせて読みたい同じカテゴリーの最新記事5本