サイト内を検索する
口臭の原因と解決策 動画
当院院長:吉岡秀樹
著書・メルマガ
診療科目・相談科目
  • 一般歯科 (ムシ歯/歯周病)
  • 審美歯科 (銀歯/変色/矯正)
  • 口腔内科 (口臭/口腔乾燥)
  • 予防歯科 (栄養/定期管理)
  • 歯科相談室・回答集
診察費用・技術料
営業時間・アクセス
ブレス・デザイン デンタルオフィス 新潟県長岡市殿町2丁目3-12
あなたのPCに永久保存

RSS ATOM
メールでの問合せ
メール問合せ
ジャンル別記事一覧
関連リンク集
地域別アクセスランキング

ジオターゲティング
あなたが解決したい「お口の悩み」に関する記事を探しましょう
口臭やドライマウスなどの悩みを解決したい方(口腔内科口臭外来栄養療法
ほんだ式口臭治療 (治療例) - 渇きやネバつきの治療 - 唾液検査 - 栄養療法
黄ばみ、変色、銀歯など見た目の悩みを解決したい方(審美歯科美容歯科
銀歯を白い歯に - 変色歯の治療 - ホワイトニング - すきっ歯の治療 - 歯列矯正治療
ご自身の歯を大切にしたいと思っている方(予防歯科歯科相談・その他)
メンテナンス (PMTC) - セカンドオピニオン(歯科相談) - 顕微鏡歯科 - 根管治療
新着トピックス
無料メルマガ「健康科学部通信」を始めました (毎週配信)
新しい予防歯科スタイル - 全国に広がると良いなぁ
治療と予防って、切っても切れない関係にあります。
でも、治療にチカラを注ぐ先生が多いのが現状です。

「治療の方がやり甲斐を感じる」先生が多いのでしょう。
全体で見ても90%以上の先生が「治療>予防」かな、と。
治療が悪いわけではないんです、偏り過ぎなんですって。

治療が必要な患者さんが多い…

これって、本当に良いことでしょうか。私には疑問です。
治療しなくて良い人が増える方が良いと思うからです。
そんなことを思っている私が考える予防歯科のスタイル。
それを手短に語ったものを2分程度の動画にしてみました。


http://youtu.be/wbhlCtW2Q70

医食同源

これが根底にある考えです。有名な言葉ですよね?
冗談抜きに「食事を変えれば、体質が変わる」んです。

では、どのように食事を変えるのか?

予防歯科 栄養歯科 歯科栄養学 1

その根拠を健康診断などでの血液検査から探りましょう。
せっかく持っているんだから、それを活用しませんか? という話です。

予防歯科 栄養歯科 歯科栄養学 2

そこで提案したいのが…「血液検査データを持って歯科医院に行く」
持病がある人でなければ、持っていったことないんじゃないですかね?
ましてや「予防のために持っていく」なんて経験ないでしょう。

予防歯科 栄養歯科 歯科栄養学 3

現状では「歯科医院側の受け入れ体制」がまだ整っていません。
これは歯科医サイドの意識改革が起きないと、変わってこないでしょう。

口を扱う歯科医師は、
食や栄養のプロであるべき


って思っています。あなたは、そう思いませんか?

ただ、参考になるビジネスモデルがないとダメなんでしょうねぇ。
ウチのスタイルを叩き台にして、全国にいる仲間の先生と構築したいですね。

もちろん、ニーズがなければ何も変わらないと思います。
ただ、私の体感ではニーズは増えてきているようです。

予防歯科 栄養歯科 歯科栄養学 4

歯科では「予約診療」や「定期管理・メンテナンス」というのが
医科診療所と比べると一般化しているので抵抗感が少ないでしょう。

美容室や理容室みたいな感覚で通われている方も多くなっています。

予防歯科 栄養歯科 歯科栄養学 5

全身疾患の診断や治療は、医科の先生じゃなきゃできません。
しかし、健康増進のためのアドバイスは歯科医師もできるのです。

予防に勝る治療はない
知識格差は健康格差を招く

だから、こんな予防歯科スタイルが広まって欲しいのです。
ウチだけじゃ、とてもとても対応しきれませんからね (^_−)−☆

賛同いただける方は、ぜひシェアお願いします。広がれ予防の輪!
| 予防歯科・メンテナンス | 審美歯科ランキング | 相談・お問合せ | 現在の予約状況 | 友達に教える |
| 歯科治療費800万円節約術 - 今すぐできる予防体質獲得プログラム [Kindle版] |
この記事のトラックバックURL
http://www.breath-design.com/trackback/1621296
この記事と関連性が高い記事一覧
あわせて読みたい同じカテゴリーの最新記事5本