サイト内を検索する
口臭の原因と解決策 動画
当院院長:吉岡秀樹
著書・メルマガ
診療科目・相談科目
  • 一般歯科 (ムシ歯/歯周病)
  • 審美歯科 (銀歯/変色/矯正)
  • 口腔内科 (口臭/口腔乾燥)
  • 予防歯科 (栄養/定期管理)
  • 歯科相談室・回答集
診察費用・技術料
営業時間・アクセス
ブレス・デザイン デンタルオフィス 新潟県長岡市殿町2丁目3-12
あなたのPCに永久保存

RSS ATOM
メールでの問合せ
メール問合せ
ジャンル別記事一覧
関連リンク集
地域別アクセスランキング

ジオターゲティング
あなたが解決したい「お口の悩み」に関する記事を探しましょう
口臭やドライマウスなどの悩みを解決したい方(口腔内科口臭外来栄養療法
ほんだ式口臭治療 (治療例) - 渇きやネバつきの治療 - 唾液検査 - 栄養療法
黄ばみ、変色、銀歯など見た目の悩みを解決したい方(審美歯科美容歯科
銀歯を白い歯に - 変色歯の治療 - ホワイトニング - すきっ歯の治療 - 歯列矯正治療
ご自身の歯を大切にしたいと思っている方(予防歯科歯科相談・その他)
メンテナンス (PMTC) - セカンドオピニオン(歯科相談) - 顕微鏡歯科 - 根管治療
新着トピックス
無料メルマガ「健康科学部通信」を始めました (毎週配信)
唾液の謎から始まった食事療法
ムシ歯予防や歯周病予防のカギを握る、唾液
唾液の出が良くない人を改善するために、
模索して行き着いたのが食事療法でした。

食事療法、つまりダイエットだったのです。

ムシ歯予防や歯周病予防のカギを握る、唾液



歯磨きをすれば、ムシ歯や歯周病は予防できる。
そう思っていたのは、過去の話です。

そう思っているのは、一般の人たちだけではないです。
専門家である歯科医師や歯科衛生士も、です。

視野を広く持つと、歯磨きしている動物って極めて少ない。
にもかかわらず、ムシ歯だらけではないですね。

この視点は、歯科医師と獣医師との
ダブルライセンスを持つ恩師のおかげでした。

歯より大事なものって、唾液なんですよ。
唾液が減ると、様々なトラブルを招きます

唾液がなくなると、食べられなくなるし、話せなくなります。
免疫も落ちるので、命を脅かす事態になりかねません。
ムシ歯や歯周病どころの騒ぎじゃ済まないのです。


唾液の出が良くない人を改善するために



そんな大切な唾液ですが、出が悪い人が意外と多いんです。
ここを改善できれば、口のトラブルの多くが防げます。

唾液がたくさん出てくるようになって、感じること。
「なぜ、ムシ歯がこんなにあったんだろうな」と。

そんな風に、多くの治療痕を眺められるようになります。
なんだか不思議な感覚になってくるんですよね。

容易に改善してくれる人もたくさんいました。
ところが、中には手強い人もいたんです。

いろいろと試行錯誤してみました。
しかし、思うほどの結果が得られないこともありました。


模索して行き着いたのが食事療法



そんな中、出会ったのが食事療法でした。
医食同源とは、よく言ったものです。

なかなか改善しなかった人たちの普段の食事を見直してみました。
すると、共通点が見つかったんですね。なるほど、と。

ところが、同じような食事をしていても改善する人もいる。
ここでまた少し混乱してしまったんです。不思議だな、と。

違いはなにか

ここを探っていくことで、ヒントが得られました。
その解決の糸口は、血液にあったのです。

唾液の産みの親は、血液なんですよね。当然の話です。
血液がオカシければ、やはり唾液もオカシくなるのです。

予防歯科 血液検査 唾液

これが、血液検査を深読みし始めたキッカケでした。
そして、これが新しい予防歯科の誕生の瞬間でもあったのです。

血液検査を根拠に、食事を変える。
その結果、体質が変わるのです。


今年は、これを全国展開する予定です。
多くの歯科医院でできるようになることを期待して...
http://yobou.club/
| 予防歯科・メンテナンス | 審美歯科ランキング | 相談・お問合せ | 現在の予約状況 | 友達に教える |
| 歯科治療費800万円節約術 - 今すぐできる予防体質獲得プログラム [Kindle版] |
この記事のトラックバックURL
http://www.breath-design.com/trackback/1621328
この記事と関連性が高い記事一覧
あわせて読みたい同じカテゴリーの最新記事5本