サイト内を検索する
口臭の原因と解決策 動画
当院院長:吉岡秀樹
著書・メルマガ
診療科目・相談科目
  • 一般歯科 (ムシ歯/歯周病)
  • 審美歯科 (銀歯/変色/矯正)
  • 口腔内科 (口臭/口腔乾燥)
  • 予防歯科 (栄養/定期管理)
  • 歯科相談室・回答集
診察費用・技術料
営業時間・アクセス
ブレス・デザイン デンタルオフィス 新潟県長岡市殿町2丁目3-12
あなたのPCに永久保存

RSS ATOM
メールでの問合せ
メール問合せ
ジャンル別記事一覧
関連リンク集
地域別アクセスランキング

ジオターゲティング
あなたが解決したい「お口の悩み」に関する記事を探しましょう
口臭やドライマウスなどの悩みを解決したい方(口腔内科口臭外来栄養療法
ほんだ式口臭治療 (治療例) - 渇きやネバつきの治療 - 唾液検査 - 栄養療法
黄ばみ、変色、銀歯など見た目の悩みを解決したい方(審美歯科美容歯科
銀歯を白い歯に - 変色歯の治療 - ホワイトニング - すきっ歯の治療 - 歯列矯正治療
ご自身の歯を大切にしたいと思っている方(予防歯科歯科相談・その他)
メンテナンス (PMTC) - セカンドオピニオン(歯科相談) - 顕微鏡歯科 - 根管治療
新着トピックス
無料メルマガ「健康科学部通信」を始めました (毎週配信)
強い力(噛み締め)と弱い力(TCH)との意外な事実
今日はTCHの勉強会に参加しています、東京八重洲で。
私は力の関係と自律神経、血糖値との関連の話をしました。

と同時に、いろんな先生の話も聞けて参考になりました。
その中のひとつの「力積・仕事量」が大きな収穫でした。
せっかくなので、この話をシェアしておくことにします。
TCH 力積 仕事量

弱い力であれば、その力を継続して発揮することは可能。
一方で、強い力は長い時間継続することはできません。

高校の物理で習ったであろう「力積」を思い出してください。
力の大きさと時間とを掛け算したものが「力積」でしたね。

意識できるレベルの強い力で噛み締められるのは短時間。
無意識でやってしまっている「TCH」は、長い時間できます。
それぞれを掛け算して比較してみると、驚きの結果でした。

約180倍の差…

強い力の方がなんだか悪さをしそうですが、
物理的な観点では「弱い力を持続する」方がマズいのです。

問題は「強い力での噛み締め」ではないんですね。
| 顎関節症・歯牙接触癖 | 審美歯科ランキング | 相談・お問合せ | 現在の予約状況 | 友達に教える |
| 歯科治療費800万円節約術 - 今すぐできる予防体質獲得プログラム [Kindle版] |
この記事のトラックバックURL
http://www.breath-design.com/trackback/1621359
この記事と関連性が高い記事一覧
あわせて読みたい同じカテゴリーの最新記事5本